THE CHARLATANS/WHO WE TOUCH(11th album) UK!UK!ROCK
FC2ブログ

スポンサーサイト

--年--月--日
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

THE CHARLATANS/WHO WE TOUCH(11th album)

2010年10月10日
フー・ウィ・タッチ(完全限定盤)フー・ウィ・タッチ(完全限定盤)
シャーラタンズ

インペリアルレコード 2010-09-08
売り上げランキング : 62980
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
UK

DISK-1
01.Love Is Endhing
02.My Foolish Pride
03.Your Pure Soul
04.Smash The System
05.Intimacy
06.Sincerity
07.Trust In Desire
08.When I Wonder
09.Oh!
10.You Can Swim(+On The Threshold/I Sing The Body Electic)

DISK-2
01.Love Is Ending(Early Version)
02.Intimacy(Early Version)
03.Smash The System(Early Version)
04.These Things(Studio Out-take)
05.Your Pure Soul(Early Version)
06.Sincerity(Early Instrumental Version)
07.Trust In Desire(Alternate Take)
08.My Foolish Pride(Early Version)
09.Lips That Would Kiss(Early Version)
10.Who We Touch Don't Mind(Early Version)
11.Dont't Know Where Or When(Studio Out-take)
12.Intimacy(Alternate Mix)
13.Throbbing Genesis(Studio Out-take)
(2010年発表)

<評価>
★★★

<この1曲>
06.Sincerity

<評>
前作『You Cross My Path』で完全復活を果たしたシャーラタンズ。
ファースト・アルバム・リリースから20年周年を迎え、
満を持してリリースされた本作。ファンの期待も高まるところであるが・・・。
駄作である。
名作『Us And Us Only』の次に『Wonderland』でファルセットを導入して
失速した時の状況にうり二つの状況と言っていいだろう。
本作の楽曲に色気がない。いや、何回もアルバムを聴けば、
それなりに理解できる内容である。
しかし、シャーラタンズ程のベテラン・バンドであれば、
一聴にして必殺、日本刀のような切れ味が欲しい。
それがムリであっても、人間国宝の作品が比類無き存在感を放つように、
シャーラタンズならではのアイデンティティを主張して欲しいのだが、
本作には彼らの存在証明とでもいうべき音を聞き取ることができないのだ。
新しい音楽性の追求はいい。だが、ラストのオペラ調の楽曲は何だ?
プログレ・ファンからすれば、クラシック楽曲への回帰はアイデアの枯渇と、
バンド存続の危機であることを露呈するようなものだ。
もっとオルガンでフワフワ揺らしてくれ。
もっとヴォーカルで心の底から震わしてくれ。
シャーラタンズ初心者は買ってはいけない。
全てのアルバムを持っているファンのみが買うべきアルバム。

Bose MIE2i mobile headset
Comment

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。