OCEAN COLOUR SCENE/MECHANICAL WONDER(5th album) UK!UK!ROCK
FC2ブログ

スポンサーサイト

--年--月--日
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

OCEAN COLOUR SCENE/MECHANICAL WONDER(5th album)

2010年08月17日
メカニカル・ワンダーメカニカル・ワンダー
オーシャン・カラー・シーン

ユニバーサル インターナショナル 2001-04-18
売り上げランキング : 14514
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
UK

1. Up On The Downside
2. In My Field
3. Sail On My Boat
4. Biggest Thing
5. We Made It More
6. Give Me A Letter
7. Mechanical Wonder
8. You Are Amazing
9. If I Gave You All My Heart
10. Can't Get Back To The Baseline
11. Something For Me
12.Anyway,Anyhow,anywhere*
*日本盤ボーナストラック
(2001年発表)

<評価>
★★★

<この1曲>
7. Mechanical Wonder

<もう1曲>
1. Up On The Downside

<評>
この作品の評価は難しい。
個人的にはオーシャン・カラー・シーンがスランプに陥った作品と考えている。
前作でスローでメロウな泣きのナンバーを新たな必殺技として開発した彼ら。
本作ではその路線を推し進めようとしたのだろうか、スロー・テンポな曲が増え、
シンプルなアレンジ、ストレートな展開がアルバムを支配する。
フォーキーであり、アメリカン・マーケットを意識したかのような展開。
そう、UKロック特有の、そして彼ら特有のウェットま感じが全くしないのだ。
もちろん、メロディの良さは健在だし、先にシンプルなアレンジと記したが、
各パートは練られた演奏を聴かせている。
しかし・・・。何かが足りない。
不足しているのは一聴必殺のリフか?
彼らならではのグルーヴか?
ライナー・ノーツには短期間で完成したアルバムとあるが、
恐らく彼ら自身がもがいた末のアルバムなのだろう。
いままでのアルバムと比べたら物足りなさを感じてしまう。
アルバムの中で最も彼ららしい曲が、日本盤ボーナストラックの
『12.Anyway,Anyhow,anywhere』THE WHOのカバーである。
彼らのルーツであるモッズ・テイストが欠落してしまったアルバム。

サウンドドックポータブル
Comment

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。