PETER HAMMILL/SETLIST(2010/JULY/11 @SHINJUKU PIT INN) UK!UK!ROCK
FC2ブログ

スポンサーサイト

--年--月--日
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PETER HAMMILL/SETLIST(2010/JULY/11 @SHINJUKU PIT INN)

2010年07月12日
ph0711UK
ピーター・ハミル公演4日目。
最終日のテーマは『もしもこれが自分にとっての最後のコンサートだとしたら』。
意味深なテーマのもと、どんなセットになるのか興味津々。
最終日に演奏してもらいたい曲をピックアップしながらピーターの登場を待つ。
『PATIENT』、『CONFIDENCE』、『THE FUTURE NOW』・・・
『REFUGEES』、『PILGRIMS』、『WONDERING』、『UNDERCOVR MAN』・・・
実現可能性のあるのは『PATIENT』と『THE FUTURE NOW』位か?
だけど、最後のライブというなら『UNDERCOVR MAN』などで総括するのでは?
などと深読みしているうちに、ピーター登場。

スタートは2日目と同じ『Easy To Slip Away』。
ピアノでの演奏が『The Comet,The Course,The Tail』まで続く。
昨日同様、曲に応じてメリハリをつけた演奏に感じられる。
ギターに持ち替え、『If I Could』。定番曲だが、何度聴いても味がある。
本日のギター演奏のハイライトは、美しさと緊張感とが交錯する『Patient』。
再びピアノに戻り『Time To Burn』。
ピーターの意識的な選曲のなせる業であろう、ここから続くピアノの展開は、
美メロと温かみのある曲調が続き、自身の人生をポジティブに振り返るかのよう。
MCで『今日が最後のショウだったらというテーマだが、
もちろん今日が最後じゃない』みたいなことを冗談っぽく話していたが、
『Time To Burn』から『Undone』までは、あたかも人生賛歌のよう。
卑近な例えで言うなら”卒業式ソング”の連続だ。
”過去と今に思いを馳せ、前に進んで行く”
歌詞を追っているわけではないので、誤った解釈かもしれないが、
今日のハミルの演奏には鬼気迫る緊張感というよりは、
そんな温かみとポジティブさを感じることが多かった。
まあ、『Stranger Still』の終盤は(いい意味で)無茶苦茶だし、
『A Better Time』の間奏以降はハチャメチャだったし、
当然ハミル節も炸裂しまくりだが・・・。
内省的な『In The End』で本編終了。
なんと、アンコールは『Refugees』!!!!!!
何も言えない。ただ、ただ涙が流れた。

ピーター、ありがとう。
濃密な時間と空間を共有できたことを一生忘れないだろう。

<ピーター・ハミル/セットリスト/2010/JULY/11@新宿ピット・イン>
"If this were to be the last show I'd ever do"
01P. Easy To Slip Away
02P. Just Good Friends
03P. The Mousetrap
04P. After The Show
05P. The Mercy
06P. The Comet,The Course,The Tail
07G. If I Could
08G. Driven
09G. The Siren Song
10G. Patient
11P. Time To Burn
12P. Your Tall Ship
13P. Stranger Still
14P. A Better Time
15P. Undone
16P. In The End
~encore~
17P. Refugees

P=PIANO
G=GUITAR

0711
Comment

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。