JAMIE CULLUM/THE PURSUIT(4th album) UK!UK!ROCK
FC2ブログ

スポンサーサイト

--年--月--日
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

JAMIE CULLUM/THE PURSUIT(4th album)

2010年07月10日
PursuitPursuit
Jamie Cullum

Universal Int'l 2009-12-08
売り上げランキング : 4053
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
UK

1. Just One Of Those Things
2. I'm All Over It
3. Wheels
4. If I Ruled The World
5. You And Me Are Gone
6. Don't Stop The Music
7. Love Ain't Gonna Let You Down
8. Mixtape
9. I Think, I Love
10. We Run Things
11. Not While I'm Around
12. Music Is Through
(2009年発表)

<評価>
★★★★

<この1曲>
6. Don't Stop The Music

<評>
ジェイミー・カラムの4枚目アルバム。
本作の日本盤リリース情報がアナウンスされず、日本盤は出ないのか?
と思いながら輸入盤を購入。
CDが売れない、なかでも洋楽が売れない、さらにJAZZのCDといったら・・・
という音楽マーケットの状況では仕方がない。
結局1月遅れで日本盤がリリースされたのだが。
さて、内容はというと原点回帰、JAZZ寄りのテイストが濃い。
ただし、そこはジェイミーのアルバム、ホーンを取り入れ
ビッグ・バンド風にしたり、ラテン調のリズムを取り入れてみたり、
こっそりオルガンの音を被せてみたりと遊びに余念がない。
『5. You And Me Are Gone』はリズムで遊びながらも、
強烈なピアノ・ソロを決めてくれるなど、技巧派の一面も覗かせる。
ただし、アルバム全体の印象としては地味。
中盤の『6. Don't Stop The Music』『7. Love Ain't Gonna Let You Down』
のような大人のJAZZに軸足を置き、じっくりと音作りをしたかったのだろう。
前作がロックからジャズへのアプローチを意識した作りになっていたのに対し、
本作は原点に立ち返り、タイトル通りジャズの拡大を追求した作品。


フジロック'10 2日目のグリーン・ステージに登場!
↓フジロックのチケットはこちらから↓

Comment

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。