MUSE/BLACK HOLES AND REVELATIONS(4th album) UK!UK!ROCK
FC2ブログ

スポンサーサイト

--年--月--日
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

MUSE/BLACK HOLES AND REVELATIONS(4th album)

2010年05月03日
ブラック・ホールズ・アンド・レヴァレイションズ[最強盤](DVD付)ブラック・ホールズ・アンド・レヴァレイションズ[最強盤](DVD付)
ミューズ

ワーナーミュージック・ジャパン 2007-02-21
売り上げランキング : 77489
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
UK

1. Take a Bow
2. Starlight
3. Supermassive Black Hole
4. Map of the Problematique
5. Soldier's Poem
6. Invincible
7. Assassin
8. Exo-Politics
9. City of Delusion
10. Hoodoo
11. Knights of Cydonia
12. Glorious*
*日本盤ボーナストラック
(2006年発表)

<評価>
★★★★★ 名盤!

<この1曲>
11. Knights of Cydonia

<もう1曲>
6. Invincible

<評>
アブソリューションを聴き終えた後、これ以上の作品をMUSEは創れるのか?
との疑念を抱いたが、それが杞憂だったことを思い知らされる。
ロックにおけるPOPさと激しさを奇跡的な次元で融合、難易度の高い演奏を
自然体でこなし聴き手に難解さを抱かせない究極のテクニカル・ロックである。
フランツ・フェルディナンドみたいな曲を演りたかったとう『2. Starlight』、
耽美の極致『6. Invincible』という美メロがあるかと思えば、
壮大な交響曲を想起させる『1. Take a Bow』、
緊迫感漂うMUSE節全開の『3. Supermassive Black Hole』
『4. Map of the Problematique』『7. Assassin』もある。
テーマの異なる曲が混在するアルバムであるが、不思議と統一感がある。
なんといってもハイライトは『11. Knights of Cydonia』。
日本盤はボーナストラックがラストに追加されているが、
アルバムの締めとしては『11. Knights of Cydonia』がしっくりくる。
本作は録音が非常にクリアなので、
高品質オーディオにて大音量で聴いて欲しい。
新たな発見があるはずだ。
00年代ロックを代表するアルバム。

クワイアットコンフォート15
Comment

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。