ASIA/LIVE MOSCKBA 09-XI-90(LIVE) UK!UK!ROCK
FC2ブログ

スポンサーサイト

--年--月--日
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ASIA/LIVE MOSCKBA 09-XI-90(LIVE)

2009年10月04日
ライヴ・イン・モスクワ 1990~デラックス・エディション(紙ジャケット仕様)ライヴ・イン・モスクワ 1990~デラックス・エディション
エイジア

ISOL DISCUS ORGANIZATION 2008-08-27
売り上げランキング : 181091
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
UK

DISK-1
1. TIME AGAIN
2. SOUL SURVIVOR
3. DON'T CRY
4. CUTTING IT FINE*
5. KEYBOARD SOLO (INCLUDING VIDEO KILLED THE RADIO STAR)
6. ONLY TIME WILL TELL
7. ROCK AND ROLL DREAM
8. RENDEZVOUS 6:02*
9. STARLESS
10. BOOK OF SATURDAY
11. THE SMILE HAS LEFT YOUR EYES (PARTI & II)
DISK-2
1. DAYS LIKE THESE *
2. THE HEAT GOES ON (INCLUDING DRUM SOLO)
3. GO
4. HEAT OF THE MOMENT
5. OPEN YOUR EYES
6. KARI-ANNE (STUDIO TRACK)
*太字はデラックス・エディション追加曲
(1991年発表)

<評価>
★★★★★

<この1曲>
9. STARLESS

<評>
1990年に再結成したエイジアのライブ盤。
この再結成ライブは日本とモスクワでは成功したものの、
他国では興行的な成果を収められず、例によってジョン・ウェットンが脱退する。
しかし、演奏内容は非常にタイトで、彼らがこの復活劇に本気で臨んでいたこと
が伺える。80年代の公式ライブ音源がなくブートでしか聴いたことがないが、
演奏密度の濃さはこの時期の方が高いのではないか?
UKの『8. RENDEZVOUS 6:02』、キング・クリムゾンの『9. STARLESS』
『10. BOOK OF SATURDAY』が演奏されているのが驚きだ。
私も1990年の東京公演を観に行ったが、『9. STARLESS』
『10. BOOK OF SATURDAY』を演った時、思わず涙したのを覚えている。
モスクワ公演を記録したLDでも、ロシア人が跪いて敬意を顕わしている場面が
収録されているのが印象的だ。
ギターのパット・スロールも大健闘。ハードでソリッドなギター・ワークが、
バンドに新たなフルーヴをもたらしている。LDでは口を開けながら演奏している
醜いヴィジュアルが物議を醸したが、<音だけ聴いているぶんには賞賛に値する。
2007年の再々結成ライブ盤はよれよれの演奏であるため、エイジアのライブを
堪能したいのであれば本作は外すことの出来ないアルバムだ。
 iTunes Store(Japan)
Comment

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。