PETER HAMMILL/SET LIST(2009/05/30 SHINJUKU PIT INN) UK!UK!ROCK
FC2ブログ

PETER HAMMILL/SET LIST(2009/05/30 SHINJUKU PIT INN)

2009年05月31日
peterhammill20050530UK
ピーター・ハミルのソロ・コンサート、東京2日目に行ってきた。
前回の来日は、ピアノ弾き語りのみという非常に珍しい構成だったが、
今回はピアノ/アコギを使い分けてのライブ。
ハミル来日の定番のハコとなりつつあるPIT INN、
椅子を入れたキャパは150名にも満たないであろうか。
これだけ近い位置でハミルを観ることができるとは、なんと幸せなことだろう。

ハミルの声、そのしぐさひとつをもらすまじと全身全霊で対峙する。
凄い。強烈な電気ショックを浴びたような感覚。
ハミルの感情の吐露がそのまま、全身に伝わってくる。
言葉の壁はあろう。ハミルの思うところを捉えきれてはいないだろう。
だが、ハミルのライブには聴き手の魂を揺さぶる何かがある。

セットリストを下記に。
個人的には、前日演奏されたという『My Room』『Just Good Friends』、
『Too Many of My Yesterdays』、『(IN THE) BLACK ROOM』を聴きたかった。
ハミルのコンサートは一期一会。巡り合わせだから仕方ない。
次回来日の際は全公演制覇だ!

[PETER HAMMILL SET LIST/2009/05/30 @SHINJUKU PIT INN]
01P.THE SIREN SONG
02P.EASY TO SLIP AWAY
03P.TIME HEALS
04P.NOTHING COMES
05P.THE MERCY
06G.THE COMET, THE COURSE, THE TAIL
07G.I WILL FIND YOU
08G.DRIVEN
09G.STUMBLED
10G.TIME FOR A CHANGE
11G.PATIENT
12P.MEANWHILE MY MOTHER
13P.GONE AHEAD
14P.LABOUR OF LOVE
15P.FACULTY X
16P.A WAY OUT
~ENCORE~
17G.CENTRAL HOTEL

P=PIANO
G=GUITAR

公演終了後、ファンとの集いということでステージ上のピーターとご対面。
愛聴盤『FOOLS MATE』にサインをもらい、写真撮影、握手をしてもらう。
(右下に見える赤い”ハミル・マーク”は、なんとシャチハタ!)
ステージ上の鬼気迫る姿とは異なり、笑みを絶やさないジェントルマン。
真摯に人生と向き合うmusician's musicianを目の当たりにできた至福の2時間。
foolsmate
Comment

管理者のみに表示
Trackback
Peter Hammill (ピーター・ハミル) の公演レヴューを幾つかご紹介する。 京都公演 * SMALL TALK 2009/05/28 * Feeling of Floating 27th May 2009 東京公演 * UK!UK!ROCK 2009年05月31日