■PROGRESSIVE ROCK UK!UK!ROCK
FC2ブログ

UK/REUNION JAPAN TOUR2011 04/16 SET LIST

2011年05月02日
uk0416UK
■SET LIST
UK REUNION JAPAN TOUR 2011/APRIL/16 @CLUB CITTA,KAWASAKI
01. In The Dead Of Night
02. By The Light Of Day
03. Presto Vivace
04. Danger Money
05. 30 Years
06. Alaska
07. Time To Kill
08. Starless
09. Carrying No Cross
10. Drum Solo
11. Violin Solo
12. Book Of Saturday
13. Nevermore
14. One More Red Nightmare
15. Caesar's Palace Blues
16. Sahara Of Snow Part2
[ENCORE]
17. Nothing To Lose
18. The Only thing She Needs
19. Rendezvous 6:02

UK2日目に参戦。
土曜日公演ということでチケット入手は困難を極め、
チッタ先行惨敗→パワーロック・トゥデイ先行惨敗
→一般発売にかろうじて立ち見席をゲット。
当日入場しようとしたら、立ち見席で整理券の若い番号は最後列の
座席に振り替えとのこと。PA卓の前で音のバランスが最高だった。
さて、公演の内容はというと、基本的には前日と同じセットリスト。
アンコールでNIGHT AFTER NIGHTの代わりにNOTHING TO LOSEのサプライズに歓喜!
4/15との相違点を記すと・・・
Danger Moneyのコーラス部分、声の調子が良かったのか3フレーズ目も高音で入ってしまい、
流石に声がでなくて4コーラス目でキーダウン。
前日はStarlessの入りでミスったアレックス、入りは問題なかったものの、
最終フレーズでまさかのミス!テクニシャンのアレックスがミスるってことは、
あのテーマフレーズって難しいのか?そういやGREAT DECEIVERでもフリップもミスってたし。
マルコのドラムソロは、童謡モチーフはなく、観客との掛け合いを導入。エンターテイナーだ。
ハイライトはやはりNothing To Lose。エディのバイオリンソロが冴える。
プログレ重鎮の底地からを見せつけられた、濃密な2時間。

amadana(アマダナ)
スポンサーサイト



UK/REUNION JAPAN TOUR2011 04/15 SET LIST

2011年05月01日
uk0415UK
■SET LIST
UK REUNION JAPAN TOUR 2011/APRIL/15 @CLUB CITTA,KAWASAKI
01. In The Dead Of Night
02. By The Light Of Day
03. Presto Vivace
04. Danger Money
05. 30 Years
06. Alaska
07. Time To Kill
08. Starless
09. Carrying No Cross
10. Drum Solo
11. Violin Solo
12. Book Of Saturday
13. Nevermore
14. One More Red Nightmare
15. Caesar's Palace Blues
16. Sahara Of Snow Part2
[ENCORE]
17. Night After Night
18. The Only thing She Needs
19. Rendezvous 6:02

UKの来日が遂に実現。
震災の影響で延期・中止も覚悟していたが、来日してくれたバンドに感謝。
2週間経った今でも、緊張感あるステージの余韻が残っている。
ステージを通してUKのナンバーをほぼ網羅し、King Crimsonの曲を披露した彼ら。
ライブのハイライトを以下に記す。
IN THE DEAD OF NIGHTのベースリフのSEでメンバー登場。
ジョンの声、絶好調だ!マルコがスティックを回しながらシンバルワークを
こなすのが粋だ。
Presto Vivaceの早弾きはひと回しのみなのが少々残念。
Danger Moneyのコーラス3回目以降はキーを下げて歌うジョン。やや違和感が残る。
Starlessの入りでアレックス、痛恨のミス。ライブならではのハプニングだ。
マルコのドラムソロは超絶変態ぶりを発揮。童謡”ふるさと”を
モチーフにしたスローなパートもこの日は披露。
One More Red Nightmareのベース・パートは、ジョンなのかエディなのか、
はたまた二人のユニゾンなのか?分厚い低音が楽曲に凄味を加えている。
続くCaesar's Palace Bluesが最大のクライマックスか?感涙。
アンコール・ラストのRendezvous 6:02はエディのピアノとジョンのボーカルのみ
のアレンジ。
全く隙のないステージングでプログレ・バンド”UK”の凄味を見せつけられた2時間。
Bose MIE2 mobile headset

KEITH EMERSON/メッセージ「日出ずる国へ」

2011年03月21日
キース、ありがとう。
「日出ずる国へ」

ULTIMATE ZERO PRJECT/ULTIMATE ZERO TOUR-LIVE(LIVE)

2011年02月13日
アルティメット・ゼロ・ツアー-ライヴ(Ultimate Zero Tour-Live)アルティメット・ゼロ・ツアー-ライヴ(Ultimate Zero Tour-Live)
エディ・ジョブソン(エディ・ジョブソンズ U-Z プロジェクト)

キングレコード 2010-11-26
売り上げランキング : 3679

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
UK

[DISK-U]
1. Alaska
2. Presto Vivace
3. In The Dead Of Night
4. Starless 
5. Zero 1 [Ric]
6. Book of Saturday
7. Zero 2 [Marco]
8. One More Red Nightmare
9. Caesar's Palace Blues 
10. Sahara of Snow Pt.II
[DISK-Z]
1. Zero 3 [Tony]
2. Red
3. Zero 4 [Trey]
4. Awakening
5. Zero 5 [Eddie] - Ice Festival -Theme of Secrets -Prelude
6. Carrying No Cross
7. The Only Thing She Needs
8. Nevermore (Ending)
(2010年発表)

<評価>
★★★★★

<この1曲>
8. One More Red Nightmare

<評>
エディー・ジョブソンのUK復活プロジェクトである”ULTIMATE ZERO”の
ライブ盤。U-Z PROJECT自体が、プログレ系ミュージシャンが、
プログレ曲を演奏するバンドと定義され、ある意味懐古趣味丸出しの
プロジェクトであるが、本家本元のジョン・ウェットンが参加している
となれば話は別。正真正銘のUKである。
本作の聴き所は、やはりウェットンのヴォーカル曲である。
プログレ・トリビュートということで、キング・クリムゾンのナンバーも
収録されており、クリムゾンとしては演奏されたことのない
『8. One More Red Nightmare』を聴けるとは!
勿論、芸達者のメンツゆえ、インスト曲も捨てがたい。
”ZERO”と名付けられた各メンバーのソロも素晴らしい。
アマゾンのレビューには音が悪いとの意見も散見されるが、
このメンツの音が聞けるなら、気にならないレベル。
ここ数年のプログレ新譜で突出した好盤。全プログレファン必聴!
Bose AE2 audio headphones

KING CRIMSON/IN THE COURT OF THE CRIMSON KING(40th Anniversary Box Edhition)

2011年01月03日
クリムゾン・キングの宮殿 デビュー40周年記念エディション完全限定盤 ボックス・セットクリムゾン・キングの宮殿 デビュー40周年記念エディション完全限定盤 ボックス・セット
キング・クリムゾン

WHDエンタテインメント 2009-12-30
売り上げランキング : 81329

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
BOXUK
[CD-1]2009年ステレオ・マスター + ボーナストラック
[CD-2]2004年ステレオ・マスター + ボーナストラック
[CD-3]オルタネイト・トラック集
[CD-4]ライブ音源集
[CD-5]1969年USモノラルLP音源
[DVDオーディオ]
(2009年発表)

デビュー40周年記念でリリースされた『宮殿』のボックス・セット。
内容は非常に充実しているが、余程のマニアでないとこれだけのボリュームを
繰り返し聴くことはないであろう。かくいう私もクリムゾン・マニアであるが、
本作を2009年の暮れに購入したはいいが、きちんと聴いていないことに気付き、
今回引っ張りだしてみた。
私が持っている『宮殿』のCDは”BIG ARTIST COLLECTION”という比較的初期の
CDであるが、これに比べ2009年ステレオ・マスターは音が深く細かい音までもが
クリアに聞こえる(ような気がする)。特にムーンチャイルドのパーカッション、
インプロ部分の響きは明らかに聞こえる音の粒子が異なる。
CD-1のみしか聴き終えていないので、今年はまずは宮殿ボックスを聴き込むこと
から始めようと思う。
現在リリースされている40周年記念盤で『LIZARD』『ポセンドン』を入手していないが、
『宮殿』『レッド』『ISLANDS』はいずれも買って損はない内容。
このボックスもクリムゾン好きならば、フリップ尊師へのお布施と思えば
お買い得と思える内容。今年は『戦慄』のリリースが楽しみだ。

Bose MIE2i mobile headset

KING CRIMSON/RED(40th Anniversary Series)

2010年12月26日
レッド デビュー40周年記念エディション(紙ジャケット仕様)レッド デビュー40周年記念エディション(紙ジャケット仕様)
キング・クリムゾン

WHDエンタテインメント 2009-10-28
売り上げランキング : 3744

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
UK

[CD]
1.Red
2.Fallen Angel
3.One More Red Nightmare
4.Providence
5.Starless
6.Red Trio version *
7.Fallen Angel(Trio version) *
8.Providence(Full version) *
*BONUS TRACKS
(2009年発表)

<評価>
★★★★★ 名盤!

<この1曲>
[DVD]収録Lark's Tongues In Aspic Part2

<評>
デビュー40周年記念盤としてリリースされた『RED』。
リマスターされたCDは音が太く聞こえる(気がする)。
DVD-AUDIOは再生装置を持っていないので聴くことが出来ないが、
DVDプレイヤーで楽しめる特典映像が素晴らしい。
『太陽と戦慄パート2』『夜を支配する人』『人々の嘆き』『スターレス』
のライブ映像が記録されている。70年代の映像がオフィシャル・リリース
されるとは、天然記念物を直接拝めるに等しい。
このライブ映像だけでも買いだ。

Bose MIE2i mobile headset

KING CRIMSON/ISLANDS(40th Anniversary Series)

2010年12月12日
アイランズ~40周年記念エディション(紙ジャケット仕様)アイランズ~40周年記念エディション(紙ジャケット仕様)
キング・クリムゾン

WHDエンタテインメント 2010-11-03
売り上げランキング : 2355

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
UK

[CD]
01. Formentera Lady
02. Sailor's Tale
03. The Letters
04. Ladies of the Road
05. Prelude: Song of the Gulls
06. Islands
07. Islands *
(studio run through with oboe prominent)
08. Formentera Lady *
(original recording sessions - take 2)
09. Sailor's Tale *
(original recording sessions - alternate mix/edit)
10. A Peacemaking Stint Unrolls *
(previously unreleased)
11. The Letters *
(rehearsal/outtake)
12. Ladies of the Road *
(Robert Fripp & David Singleton remix)
*BONUS TRACKS 
[Original album 2010 mix]
(2010年発表)

<評価>
★★★★★ 名盤!

<この1曲>
10. A Peacemaking Stint Unrolls

<評>
クリムゾン結成40周年シリーズとしてリリースされた『ISLANDS』。
私が持っている”BIG ARTIST SEREIS”という初期リリースのCDと比べると、
今まで聞こえていなかった音が良く聞こえる。
細やかな管の息吹や、パーカッションのざわめき、ベースの深遠さなど、
言葉で表現するのが難しいが、聴き込むほどに新たな発見がある。
大げさに言えば、ジャケットの表現する宇宙が再現されている。
誇張でもなんでもなく、一度このCDを聴いて欲しい。
残念ながら5.1チャネルを聴ける環境にないため、DVDコンテンツの性能を
100%引き出すことはできないが、通常のDVDで再生できるので未発表バージョンを
楽しむ事は可能。
未発表曲で驚愕するのはCDコンテンツにも収められている
『10. A Peacemaking Stint Unrolls』だ。『太陽と戦慄パート1』の原曲が
ISLANDS期のメンバーで演奏されているとは!
今までもこの時期のメンバーのライブで『FALLEN ANGEL』のモチーフが演奏
されているのをブートで聴いたことがあるが、
”戦慄”がリハーサルされていたとは驚きである。
この1曲が聴けるだけでも嬉しいが、アルバムの美しさを引き出している
40周年記念盤は全てのクリムゾン・ファン必聴。
私が持っているのは輸入盤。HQCDや紙ジャケに拘らなければ、
輸入盤の方がコストパフォーマンスが高いのでお勧めだ。

Bose MIE2i mobile headset

VAN DER GRAAF/GLASGOW NOVEMBER 28,1977(BOOTLEG)

2010年11月06日
glasgow UK
~LIVE AT QUEEN MARGARET,GLASGOW,SCOTLAND,UK NOVEMBER 28,1977~
1.CRYING WOLF
2.LIZARD PLAY
3.CHEMICAL WORLD
4.CAT'S EYE/YELLOW FEVER(RUNNING)/THE SPHINX IN THE FACE
5.SHIP OF FOOLS/PLAGUE OF LIGHTHOUSE KEEPERS
6.LAST FRAME
7.DOOR

<評価>
★★

<この1曲>
5.SHIP OF FOOLS/PLAGUE OF LIGHTHOUSE KEEPERS

<評>
VAN DER GRAAF期のブート。
新加入のヴァイオリンの音色とハミルの絶叫とが交錯するヒステリックな
演奏で、聴く者に忍耐を強いるのがこの時期のライブの特徴であるが、
このブートは音質が非常に悪いため、聴き終えた後には極度のストレスと
疲労感が残る。この時期は選曲も固定されているため、正規盤『VITAL』を
持っていればブートに頼る必要はない。
ジャケットも工夫のなかけらもないチープな出来。
『VITAL』に収録されていないVDG期の曲を聴きたい!というコアなファンで
なければ手出し無用。
Lifestyle 235 home entertainment system

VAN DER GRAAF GENERATOR/BIRMINGHAM MAY 6 1976(BOOTLEG)

2010年10月31日
birminghamUK
~LIVE AT WONDERLAND,BIRMINGHAM,WEST MIDLANDS,ENGLAND,UK MAY 6,1976~
DISK-1
1.THE UNDERCOVERMAN - SCORCHED EARTH
2.ARROW
3.(IN THE)BLACK ROOM
4.PILGRIMS
5.STILL LIFE
6.LA ROSSA

DISK-2
1.CHILDLIKE TAITH IN CHILDHOOD'S END
2.GOG
3.THE SLEEPWALKERS
*LA MUTUALIFTE,PARIS,FRANCE DECEMBER 6,1976
4.WHEN SHE COMES
5.STILL LIFE

<評価>
★★★★

<この1曲>
4.PILGRIMS

<評>
アルバム『STILL LIFE』リリース後のライブを完全収録したブート。
2005年の再結成VDGGのライブも『1.THE UNDERCOVERMAN - SCORCHED EARTH』
『3.(IN THE)BLACK ROOM』の流れを汲んでいるが、破綻寸前のアンサンブルで
ハラハラさせる演奏の荒々しさは、やはり当時の演奏に軍配があがる。
ライブで聴きたいと思っていた『4.PILGRIMS』も、イントロのヴォーカルから
不安定で、バントンのオルガンがハミルの絶唱に何とかあわしているのが分る。
2枚目の『GOG』などは、知らなければ完全アドリブのパンキッシュな即興曲としか
聞こえない、凄まじい演奏が繰り広げられる。
音質も上々で、VDGG全盛時の熱気と狂気が凝縮されたファン必携の音源。
アコースティックウェーブミュージックシステムII

VAN DER GRAAF GENERATOR/SPRING TRISECTOR(BOOTLEG)

2010年10月31日
springtrisectorUK
~LIVE AT THE QUEEN ELIZABETH HALL,LONDON APRIL 3rd 2008~
DISK-1
1.Interference Patterns
2.Scorched Earth
3.Nutter Alert
4.Lemmings
5.Lifetime
6.All That Before

DISK-2
1.Meurglys III, The Songwriter's Guild
2.Over The Hill
3.(We Are) Not Here
4.Man-Erg
5.Childlike Faith In Chaildhood's End

<評価>
★★★

<この1曲>
5.Childlike Faith In Chaildhood's End

<評>
トリオ編成となったVDGGによるアルバム『Trisector』リリース直後のライブ。
正規盤『LIVE AT THE PARADISO』が『TRISECTOR』リリース前の音源だった
ことから、本作の価値は『PARADISO』に収録されていない楽曲にある。
特筆すべきはトリオVDGGの象徴とでもいうべき『1.Interference Patterns』。
複雑なリズムの曲をピーターのキーボードとバントンのオルガン、
エバンスのドラムが乱れることなく完奏していることに驚かされる。
他の『PARADISO』未収録曲は『Nutter Alert』『Over The Hill』
『(We Are) Not Here』『5.Childlike Faith In Chaildhood's End』。
新しい楽曲もいいが、ラスト『5.Childlike Faith In Chaildhood's End』が
収録されているのが嬉しい。
音質はオーディエンス録音ゆえ、音が遠く聞こえるのが残念だが、
聞きづらいことはない。
マニア向けの音源ではあるが持っていて損はないブート。
アコースティックウェーブミュージックシステムII - サウンドリンク
 | HOME | Next »