■ROCK UK!UK!ROCK
FC2ブログ

THE MUSIC/ THE FAREWELL JAPAN TOUR SETLIST

2011年07月28日
THE MUSIC / THE FAREWELL JAPAN TOUR
@SHIBUYA-AX ,TOKYO 2011/07/27
■セットリスト■
01.THE DANCE
02.TAKE THE LONG ROAD AND WALK IT
03.THE TRUTH IS NO WORDS
04.FREEDOM FIGHTERS
05.FIRE
06.HUMAN
07.THE SPIKE
08.WELCOME TO THE NORTH
09.DRUGS
10.TOO HIGH
11.STRENGTH IN NUMBERS
12.GETAWAY
13.THE PEOPLE
14.BLEED FROM WITHIN
~ENCORE~
THE WALLS GET SMALLER

最高のライブ!
ロブの声が出てた。DRUGSのサビを低音で歌ったのは萎えたが・・・
なんで解散するんだよ~という思いと、
やっぱここまでか~という思いと。
2002年のフジロック/レッド・マーキーでの強烈な出会いを経て、
その後フジ、サマソニ、単独ライブと来日の都度彼らを見てきた。
あれから10年か~
次のフジロックがラストかと思うと複雑な気持ち。
フジはDRUGSを高音でキメて欲しい。
スポンサーサイト



BEN FOLDS/NICK HORNBY /LONELY AVENUE

2011年07月16日
ロンリー・アヴェニューロンリー・アヴェニュー
ベン・フォールズ/ニック・ホーンビィ

ワーナーミュージック・ジャパン 2010-10-13
売り上げランキング : 9682

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
USA

1. A Working Day
2. Picture Window
3. Levi Johnston's Blues
4. Doc Pomus
5. Your Dogs
6. Practical Amanda
7. Claire's Ninth
8. Password
9. From Above
10. Saskia Hamilton
11. Belinda
12. Picture Window(pop version)*
*日本盤ボーナストラック

<評価>
★★★★

<この1曲>
2. Picture Window

<もう1曲>
4. Doc Pomus

<評>
『ハイ・フィデリティ』など音楽ネタを特異とする英国人作家
ニック・ホーンビィと共作したアルバム。ニックは作詞を手がけている。
一聴するとここ最近のソロ作と同様、地味な印象を受ける。
BFFのファースト・アルバム、ソロ・ファースト・アルバムのような
躍動感溢れる作品ではない。しかし、聴けば聴くほどじわりと遅れて
おいしさが来る、味わい深い作品だ。
ガツンと勢いのみで聴かせるのアルバムではないが、
ゆっくりと聴き込んでほしいというベンの思いが伝わってくる佳作。

BEN FOLDS/LONELY AVENUE TOUR SET LIST 2011/05/29

2011年05月30日
benfolds080.jpgUSA
震災直後に温かいメッセージを送ってくれたBEN FOLDSの
日本公演初日に行ってきた。
みっちりと30曲!BESTな選曲で熱い演奏を聴かせてくれた。
ベンとファンとで最高の時間を共有できて、ホント楽しかった。
最高でした!!
BEN、本当にありがとう。

セットリストを下記に記す。

■SET LIST
BEN FOLDS/LONELY AVENUE TOUR
@HITOMI-KINEN(人見記念講堂) in Japan

1. Levi Johnston's Blues
2. Doc Pomus
3. Gone
4. Belinda
5. Sleazy(Ke$ha)
6. Sentimental Guy
7. You To Thank
8. Effington
9. Hiroshima(in Japanese)
10. Not The Same
11. Still Fighting
12. Adelaide
13. Bastard
14. 14.Saskia Hamilton
15. You Don't Know Me
16. DRUM TRIO → DRUM DUO
17. Annie Waits
---Ben's Solo---
18. Picture Window
19. The Last Polka
20. Brick
21. Gracie
22. Boxing
23. Song for the Dumped(in Japanese)
"金返せ"
---Band Play---
24. Underground
25. Zak and Sara
26. Kate
27. Rockin’ The Suburbs
28. Army
---Encore---
29. The Luckiest(Solo)
30. Philosophy

BEN FOLDS/MESSAGE

2011年03月21日
ありがとう、ベン。
Personal Message from Ben about Japan:
To my Japanese fans and friends:
Japan has always been a very special place for me, my various bandmates
and crew. Its damn heartbreaking to see anything at all happen to people
you care about. I felt ill to see the news on Friday and all the images
following. I’ve checked on my close friends in Japan and thankfully
they’re all safe.

My Japanese fan base is not a massive arena full of faceless people,
its the number of people I can see and count from stage,
and many who I’ve met. Some have been along with us for 15 years!
I hope you all have come out of all of this safe and sound,
along with your friends and families.

I want to invite fans in Japan who have access to internet
to post notes, stories, pictures, information as you see fit
on this page which has been made for our small community of fans
in Japan. I’ll read and look at every one of them and try to respond
to as much as I can. It seems naturally what a family or community does.
If there is anything that any of you are trying to send to specific people,
and I can help, I will try.

Of course we’re all donating and there is a short list on this page
just in case anyone has had trouble choosing a charity. Personal notes
from you all might inform on how we can help from far away,
even if its just donating, lending an ear or sympathizing.

I’ve never known any more determined people than the ones I’ve met
in Japan so I’m sure you’ll dig out but… damn it sure sucks.

Not the praying type, but I’ll make an exception Japan.
Love,
Ben Folds

http://fuckyeahbenfolds.tumblr.com/page/3

BEN FILDS/UNIVERSITY A CAPPELLA!

2010年11月07日
Ben Folds Presents: University a CappellaBen Folds Presents: University a Cappella
Ben Folds

Epic 2009-04-28
売り上げランキング : 104637
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
USA

1. not the same
2. jesusland
3. brick
4. you don't know me
5. still fighting it
6. boxing
7. selfless, cold and composed
8. magic
9. landed
10.time
11.effington
12.everporated
13.fred jones part 2
14.army
15.fair
16.the luckiest
(2009年発表)

<評価>
★★★

<この1曲>
9. landed

<評>
ベン・フォールズ・ファイブ、ベン・フォールズ・ソロの楽曲を
大学生がアカペラでカバーしたアルバム。ベン・フォールズ本人が
プロデュースしており、『6. boxing』『11.effington』ではベンが
ヴォーカルをとっており、単なる企画盤に終わっていない。
希代のメロディー・メイカーであるベン・フォールズの楽曲ゆえ、
アカペラの響きの美しさがマッチして楽しめる。
とはいえ、オリジナルを知っているからこそ楽しめるアルバムであり、
ベン・フォールズ入門者にはお勧めできない、コア・ファン向けアイテム。
クワイアットコンフォート

THE CHARLATANS/WHO WE TOUCH(11th album)

2010年10月10日
フー・ウィ・タッチ(完全限定盤)フー・ウィ・タッチ(完全限定盤)
シャーラタンズ

インペリアルレコード 2010-09-08
売り上げランキング : 62980
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
UK

DISK-1
01.Love Is Endhing
02.My Foolish Pride
03.Your Pure Soul
04.Smash The System
05.Intimacy
06.Sincerity
07.Trust In Desire
08.When I Wonder
09.Oh!
10.You Can Swim(+On The Threshold/I Sing The Body Electic)

DISK-2
01.Love Is Ending(Early Version)
02.Intimacy(Early Version)
03.Smash The System(Early Version)
04.These Things(Studio Out-take)
05.Your Pure Soul(Early Version)
06.Sincerity(Early Instrumental Version)
07.Trust In Desire(Alternate Take)
08.My Foolish Pride(Early Version)
09.Lips That Would Kiss(Early Version)
10.Who We Touch Don't Mind(Early Version)
11.Dont't Know Where Or When(Studio Out-take)
12.Intimacy(Alternate Mix)
13.Throbbing Genesis(Studio Out-take)
(2010年発表)

<評価>
★★★

<この1曲>
06.Sincerity

<評>
前作『You Cross My Path』で完全復活を果たしたシャーラタンズ。
ファースト・アルバム・リリースから20年周年を迎え、
満を持してリリースされた本作。ファンの期待も高まるところであるが・・・。
駄作である。
名作『Us And Us Only』の次に『Wonderland』でファルセットを導入して
失速した時の状況にうり二つの状況と言っていいだろう。
本作の楽曲に色気がない。いや、何回もアルバムを聴けば、
それなりに理解できる内容である。
しかし、シャーラタンズ程のベテラン・バンドであれば、
一聴にして必殺、日本刀のような切れ味が欲しい。
それがムリであっても、人間国宝の作品が比類無き存在感を放つように、
シャーラタンズならではのアイデンティティを主張して欲しいのだが、
本作には彼らの存在証明とでもいうべき音を聞き取ることができないのだ。
新しい音楽性の追求はいい。だが、ラストのオペラ調の楽曲は何だ?
プログレ・ファンからすれば、クラシック楽曲への回帰はアイデアの枯渇と、
バンド存続の危機であることを露呈するようなものだ。
もっとオルガンでフワフワ揺らしてくれ。
もっとヴォーカルで心の底から震わしてくれ。
シャーラタンズ初心者は買ってはいけない。
全てのアルバムを持っているファンのみが買うべきアルバム。

Bose MIE2i mobile headset

OASIS/TIME FLIES...1994-2009(COMPILATION)

2010年10月03日
タイム・フライズ・・・1994-2009(初回生産限定盤)(DVD付)タイム・フライズ・・・1994-2009(初回生産限定盤)(DVD付)
オアシス

SMJ 2010-06-09
売り上げランキング : 907
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
UK

<評価>
★★★★

<この1曲>
16. Champagne Supernova (Live - iTunes Festival '09)

<評>
オアシス解散。直後に遺されたのは歴代シングルを網羅したこのベスト盤。
初回限定版に限り、DVDビデオ・クリップ集と'09年のライブ音源CDがついている。
ビデオ・クリップが一枚に収められているのは貴重だし、ライブ音源の公式リリースは
嬉しいところ。初回限定版とはいえ、いつでも買えるだろうと高をくくっていたら、
いつの間にかソールド・アウト続出。アマゾンでみたら、マーケット・プレイスで
中古なのにプレミア付きで売られているではないか!
あわてて、CDショップをはしごして、ようやく入手できた。
未発表音源はライブCDのみということもあり、
このライブの出来に期待が高まるが・・・。
正直、クソである。
リアムの声が全く出ていない。特に初期の楽曲は完全にキーが合わなくなり、
高音部をがなりたてるようにシャウトしている。
最後の日本ツアーのライブ評でも書いたが、リアムの衰え振りがあからさまになっている。
ライブの出来不出来があるのが彼らの危うい魅力ではあるのだが、
ラストとなるかもしれないアルバムで、この不出来の象徴とも言えるライブを敢えて
リリースしたのは、オアシスは死んだというノエルのメッセージか。
オアシスの墓碑銘とでもいうべき『TIME FLIES』。
愛すべきギャラガー兄弟の確執が水に流されるまで、気長に待つしかない。

<DISK-1>
1. Supersonic
2. Roll With It
3. Live Forever
4. Wonderwall
5. Stop Crying Your Heart Out
6. Cigarettes & Alcohol
7. Songbird
8. Don't Look Back In Anger
9. The Hindu Times
10. Stand By Me
11. Lord Don't Slow Me Down
12. Shakermaker
13. All Around The World

<DISK-2>
1. Some Might Say
2. The Importance of Being Idle
3. D'You Know What I Mean?
4. Lyla
5. Let There Be Love
6. Go Let It Out
7. Who Feels Love?
8. Little By Little
9. The Shock Of The Lightning
10. She Is Love
11. Whatever
12. I'm Outta Time
13. Falling Down
14.Don't Go Away*
*日本盤ボーナストラック

<DISK-3:DVD Promotion Clips>
1. Supersonic
2. Supersonic (US Version)
3. Shakermaker
4. Live Forever
5. Live Forever (US Video)
6. Cigarettes & Alcohol
7. Whatever
8. Some Might Say
9. Roll With It (Colour Version)
10. Wonderwall
11. Don't Look Back In Anger
12. Do You Know What I Mean?
13. Stand By Me (Original Version)
14. All Around The World
15. Go Let It Out (Video)
16. Who Feels Love?
17. Sunday Morning Call
18. The Hindu Times (Original Version)
19. Stop Crying Your Heart Out (Video)
20. Little By Little (Video (Live))
21. Songbird (Video)
22. Lyla (Video)
23. The Importance Of Being Idle (Video)
24. Let There Be Love (Video)
25. Lord Don't Slow Me Down
26. The Shock Of The Lightning (Video)
27. I’m Outta Time (Video)
28. Falling Down (Video Version)
29. Rock & Roll Star
30. Morning Glory
31. Champagne Supernova
32. Acquiesce (Live)
33. Don't Go Away
34. Where Did It All Go Wrong?
35. Gas Panic! (Live)
36. Little By Little (Live)
37. The Masterplan (2006 Video)
38. Acquiesce (2006 Video)

<DISK-4 LIVE- iTunes Festival '09>
1. Rock 'n' Roll Star
2. Lyla
3. The Shock Of The Lightning
4. Cigarettes & Alcohol
5. Roll With It
6. The Masterplan
7. Songbird
8. Slide Away
9. Morning Glory
10. Half The World Away
11. I'm Outta Time
12. Wonderwall
13. Supersonic
14. Live Forever
15. Don't Look Back In Anger
16. Champagne Supernova
(2010年発表)

THE ELEMENTS/THE ELEMENTS(1st album)

2010年10月03日
theelements.jpgUK
1.Caught In A Storm
2.Holdin' Out
3.Deep Freeze
4.Yesterday's Child
5.A Part Of My Life
6.Baby Let Me Hold You Tonight
7.Don't Stop
8.Everything To Me
9.Ships Like This
10.If I Can't Hold You
11.You Do It So Well
12.three Wish Genie
(2008年発表)

<評価>
★★★

<この1曲>
1.Caught In A Storm

<評>
オーシャン・カラー・シーンの7枚目のアルバム『ON THE LEYLINE』から
参加しているギターのアンディ・ベネットのサイド・プロジェクト『THE ELEMENTS』。
外連味のないストレートなロックを聴かせてくれる。アンディはギターとリード・
ヴォーカルを担当。今どき珍しい虚飾のないギター・サウンドに好感がもてる。
ライブ映えするバンドなのだろうと思いつつ、アルバム全体を通してみると、
強烈なインパクトに欠けるのも事実。バンドとしてのポテンシャルは高いため、
今後の展開が気になるところだ。

SIMON FOWLER AND OSCAR HARRISON/LIVE ON THE RIVER BOAT(LIVE)

2010年09月26日
Live on the RiverboatLive on the Riverboat
SIMON FOWLER/OSCAR HARRISON

Mca Import 2003-11-18
売り上げランキング : 463557
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
UK

1. So Low
2. Foxy's Folk Faced
3. Lining Your Pockets
4. Traveller's Tune
5. Mariner's Way
6. Second Hand Car
7. Mrs Jones
8. Stay Alive With You
9. The Clock Struck 15 Hours Ago
10. It's My Shadow
11. Profit In Peace
12. Soul Driver
13. North Atlantic Drift
14. Better Day
15. One For The Road
16. The Day We Caught The Train
17. Robin Hood
18. The Circle
(2003年発表)

<評価>
★★★★

<この1曲>
12. Soul Driver

<評>
サイモンとオスカーのデュオによる、アコースティック・ライブ。
オーシャンの音楽性を支えているのは、マルチ・ミュージシャンである
オスカーであると考えている。彼のタイト&ハード、かつ、手数の多い
ドラミングがあってこそ、骨太のオーシャン・サウンドが活きる。
『12. Soul Driver』はそのオスカーのボーカルではなかろうか?
その他にもオスカーのピアノとサイモンのボーカルなど、聴き所満載。
最小限のユニットで、オーシャン・サウンドを体現するレアなCD。
ファンなら揃えたいマスト・アイテム。

Bose MIE2i mobile headset

OCEAN COLOUR SCENE/THE BBC SESSIONS(LIVE)

2010年09月23日
BBC Sessions (Mlps)BBC Sessions (Mlps)
Ocean Colour Scene

Universal I.S. 2007-10-23
売り上げランキング : 46421

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
UK

1.Fly Me
2.Yesterday Today
3.Blue Deep Ocean
4.Sway
5.Travellers Yune
6.The Day We Caught The Train
7.Riverboat Song
8.One For The Road
9.The Poacher
10.Hundred Mile High City
11.Song For A Braker
12.The Downstream
13.Travellers Tune
14.Debris Road
15.Spark And Cindy
(2007年発表)

<評価>
★★★

<この1曲>
4.Sway

<評>
BBCでのセッション集。
オーシャン・カラー・シーンのライブ演奏が聴けるのは嬉しい。
ラジオ・セッションだけあって、各々の収録曲が少ないのが少々残念・・・。
とはいえ、カバー曲や既発のライブ盤に収録されていない楽曲もあり、聴き所は満載。
不遇時代と言われる1stアルバム収録曲のライブ演奏が聴けるのが一番の収穫だろう。
プロデューサーやレコード会社との軋轢による妥協の産物である1stアルバムは、
時代もあるのだろうが、初期シャーラタンズを彷彿させる。
シャーラタンズとオーシャン・カラー・シーンのデビューは同じ時期と思うが、
両者ともデビュー時はブリット・ポップを奏でるアイドル・バンドという扱い。
バンドの意志とは違うところでイメージが固められるのはツライだろうが、
このライブ盤の1~4曲目は今のオーシャンからは想像もできない、
POPソングを聴かせてくれる。青春の恥ずかしさが詰まっているのだ。
『4.Sway』には男っぽさを残し、彼らのルーツが垣間見れるも面白い。
ファンなら揃えたい珍品。

Bose AE2 audio headphones
 | HOME | Next »