MUSE UK!UK!ROCK
FC2ブログ

MUSE/FUJI ROCK FESTIVAL'10

2010年06月13日
UK
7月30日(金)のグリーンステージ、ヘッドライナーはMUSE!
UK!UK!ロックではミューズの全アルバムと
今年1月のライブ・レポをUPしてます。
MUSEディスコグラフィー
ライブの予習なら
ザ・レジスタンス ブラック・ホールズ・アンド・レヴァレイションズ(初回限定盤)
ネタバレ注意ですが、今年1月の武道館公演のセットリストもご参照ください。

フジロック・オフィシャルサイト
↓フジロックのチケットは↓
スポンサーサイト



MUSE/THE RESISTANCE(5th album)

2010年05月05日
ザ・レジスタンスザ・レジスタンス
ミューズ

ワーナーミュージック・ジャパン 2009-09-16
売り上げランキング : 46644
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
UK

1. Uprising
2. Resistance
3. Undisclosed Desires
4. United States Of Eurasia (+Collateral Damage)
5. Guiding Light
6. Unnatural Selection
7. Mk Ultra
8. I Belong To You (+Mon Coeur S'ouvre A Ta Voix)
9. Exogenesis : Symphony Part I (Overture)
10. Exogenesis : Symphony Part Ii (Cross Pollination)
11. Exogenesis : Symphony Part Iii (Redemption)
(2009年発表)

<評価>
★★★★

<この1曲>
4. United States Of Eurasia (+Collateral Damage)

<評>
満を持してリリースされたMUSEの5thアルバム。
セルフ・プロデュースということで、現時点で彼らのやりたいことを
やり尽くしたアルバムなのであろう。
プログレッシブ・ロックの標榜するコンセプト・アルバムに
仕上げてあり、一枚を聴き通して感じるのは”これはオペラか?”
という思いである。しかも、アルバムラストには3楽章からなる
交響曲が収められている。
練りに練ったアルバムであることは間違いないが、
ロックが本来持つ初期衝動や、MUSEの持ち味である極限まで張り詰めた
緊張感漂う演奏という観点からは、ややもすれば期待外れの感も否めない。
アルバムだけを聴くと、内省的すぎる印象。
このアルバムをリリース直後のライブを観たが新曲もライブでは
圧倒的な音圧と演奏力で煌めきを放っていた。
駄作ではないが、最高傑作とは言い難い”問題作”。
ユーキャン通販ショップ

MUSE/HAARP(live album)

2010年05月04日
ハープ(DVD付き)ハープ(DVD付き)
ミューズ

Warner Music Japan =music= 2008-04-09
売り上げランキング : 3756
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
UK

[CD]
1. Intro
2. Knights of Cydonia
3. Hysteria
4. Supermassive Black Hole
5. Map of the Problematique
6. Butterflies and Hurricanes
7. Invincible
8. Starlight
9. Time is running out
10. New born
11. Unintended
12. Microcuts
13. Stockholm Syndrome
14. Take A Bow
[DVD]
1. Intro
2. Knights of Cydonia
3. Hysteria
4. Supermassive Black Hole
5. Map of the Problematique
6. Butterflies and Hurricanes
7. Hoodoo
8. Apocalypse
9. Feeling good
10. Invincible
11. Starlight
12. Improv
13. Time is running out
14. New born
15. Soldiers Poem
16. Unintended
17. Blackout
18. Plug In Baby
19. Stockholm Syndrome
20. Take A Bow
(2008年発表)

<評価>
★★★★★

<この1曲>
2. Knights of Cydonia

<評>
『BLACK HOLES AND REVELATIONS』リリース後の、
ウェンブリー・スタジアムでのライブを収録したCD/DVD。
CDには1日目、DVDには2日目の公演が収録されている。
収録曲から想定するに、CDはライブの全曲が収められていないのが
残念だ。CD1枚+DVD1枚でこの値段なら、文句の言える筋合いではないが。
DVDの映像がこれまた凄い。ステージセットが日本公演とまるで違う。
ウェンブリー・スタジアムのキャパも相当なもので、
フジロックのグリーンステージ並の群衆に圧倒される。
これ程までのテクニカルな楽曲をいとも簡単にこなす
彼らの力量に恐れ入る。
MUSEの魅力が凝縮されたライブ盤。選曲もBEST OF BEST。
MUSENのCDを買うならまずはこの1枚だ。
ブックオフオンライン

MUSE/BLACK HOLES AND REVELATIONS(4th album)

2010年05月03日
ブラック・ホールズ・アンド・レヴァレイションズ[最強盤](DVD付)ブラック・ホールズ・アンド・レヴァレイションズ[最強盤](DVD付)
ミューズ

ワーナーミュージック・ジャパン 2007-02-21
売り上げランキング : 77489
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
UK

1. Take a Bow
2. Starlight
3. Supermassive Black Hole
4. Map of the Problematique
5. Soldier's Poem
6. Invincible
7. Assassin
8. Exo-Politics
9. City of Delusion
10. Hoodoo
11. Knights of Cydonia
12. Glorious*
*日本盤ボーナストラック
(2006年発表)

<評価>
★★★★★ 名盤!

<この1曲>
11. Knights of Cydonia

<もう1曲>
6. Invincible

<評>
アブソリューションを聴き終えた後、これ以上の作品をMUSEは創れるのか?
との疑念を抱いたが、それが杞憂だったことを思い知らされる。
ロックにおけるPOPさと激しさを奇跡的な次元で融合、難易度の高い演奏を
自然体でこなし聴き手に難解さを抱かせない究極のテクニカル・ロックである。
フランツ・フェルディナンドみたいな曲を演りたかったとう『2. Starlight』、
耽美の極致『6. Invincible』という美メロがあるかと思えば、
壮大な交響曲を想起させる『1. Take a Bow』、
緊迫感漂うMUSE節全開の『3. Supermassive Black Hole』
『4. Map of the Problematique』『7. Assassin』もある。
テーマの異なる曲が混在するアルバムであるが、不思議と統一感がある。
なんといってもハイライトは『11. Knights of Cydonia』。
日本盤はボーナストラックがラストに追加されているが、
アルバムの締めとしては『11. Knights of Cydonia』がしっくりくる。
本作は録音が非常にクリアなので、
高品質オーディオにて大音量で聴いて欲しい。
新たな発見があるはずだ。
00年代ロックを代表するアルバム。

クワイアットコンフォート15

MUSE/ABSOLUTION(3rd Album)

2010年05月02日
アブソルーションアブソルーション
ミューズ

ワーナーミュージック・ジャパン 2009-09-16
売り上げランキング : 28038

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
UK

1. Intro
2. Apocalypse Please
3. Time Is Running Out
4. Sing for Absolution
5. Stockholm Syndrome
6. Falling Away with You
7. Interlude
8. Hysteria
9. Blackout
10. Butterflies and Hurricanes
11. Small Print
12. Fury *
13. Endlessly
14. Thoughts of a Dying Atheist
15. Ruled by Secrecy
*日本盤ボーナストラック
(2003年発表)

<評価>
★★★★★

<この1曲>
5. Stockholm Syndrome

<評>
MUSEの昇華ここに極まれり。
プログレを今日のインダストリアル・ロックと融合させ、
圧倒的な音圧でありながら、耽美を感じさせる楽曲群に陶酔せずにいられない。
『2. Apocalypse Please』『3. Time Is Running Out』、『8. Hysteria』等は、
今日においてもライブの定番曲だ。
なかでも白眉は『5. Stockholm Syndrome』。
囚われの身となりながらも誘拐犯にシンパシーを感じてしまう
ストックホルム・シンドロームをタイトルに冠したこの楽曲、
激しい展開の中のメロディアスな進行に身をゆだねてしまい、
心までもが囚われてしまう。文句なしの名曲。
ジャケットもプログレッシャーなら一目で分るストーム・ソガーソンの作。
買って間違いなしの鉄板アルバム。

伊勢丹 : ISETAN MEN'S ONLINE SHOP

MUSE/DEAD STAR(EP)

2010年04月24日
デッドスター/イン・ユア・ワールド(CCCD)デッドスター/イン・ユア・ワールド(CCCD)
ミューズ

カッティング・エッジ 2003-03-05
売り上げランキング : 128407
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
UK

1.Dead Star
2.In Your World
3.Can't Take My Eyes Off You
4.In Your World (live)
5.Dead Star(live)
(2003年発表)

<評価>
★★★★

<この1曲>
3.Can't Take My Eyes Off You

<評>
『HULLBALOO』のライブ・サイドに収録されていた『DEAD STAR』
『IN YOUR WORLD』のスタジオ・バージョンを収録したEP。
両曲とも不安神経症を増長させるようなミューズ節が炸裂、
次作『ABUSOLUTION』への布石となる佳曲。
しかし、このCDのハイライトはなんと言っても『君の瞳に恋してる』
のカバーである。ミューズのライブで時折演奏されるこの曲の
スタジオ・バージョンが聴けるのは嬉しい。
興味のある方は椎名林檎の『君ノ瞳ニ恋シテル』と聴き比べるのも一興。
日英のひねくれロッカーのアレンジの差が面白い。
私と放電(通常盤)
椎名林檎
B0019I11N2

デル株式会社

MUSE/HULLABALOO(COMPILATION)

2010年04月18日
ハラバルー・サウンドトラックハラバルー・サウンドトラック
ミューズ

Warner Music Japan =music= 2008-04-09
売り上げランキング : 58499
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
UK

<DISK-1>
1. Forced In
2. Shrinking Universe
3. Recess
4. Yes Please
5. Map of Your Head
6. Nature_1
7. Shine Acoustic
8. Ashamed
9. Gallery
10. Hyper Chondriac Music
<DISK-2>
1. Dead Star
2. Micro Cuts
3. Citizen Erased
4. Showbiz
5. Megalomania
6. Dark Shines
7. Screenager
8. Space Dementia
9. In Your World
10. Muscle Museum
11. Agitated
(2002年発表)

<評価>
★★★

<この1曲>
8. Ashamed
DIKS-1にシングルB面曲を、DISK-2にライブ・トラックを収録したコンピ。
B面コンピは10曲中、5曲が先述の『HYPER MUSIC』から収録されており、
目新しさはないものの、ライブ楽曲を聴けるDISK-2が嬉しい。
本作発表時点ではアルバム2枚をリリースしたのみであるが、
現在のスタイルを確立しており、最近のライブでは演奏されることのない
楽曲のライブ・バージョンを聴けるのが貴重だ。
当ライブでの新曲が『1. Dead Star』と『9. In Your World』で、
後にシングル(ミニ・アルバム?)としてリリースされる。
非常に内容のあるコンピであるが、★3つとしたのは私が所有している盤が、
コピー・コントロールCDであるため。
マランツのCDプレイヤーでは再生できない・・・。
2008年に再発された際は、通常のCDフォーマットでリリースされた。
購入するなら通常フォーマット盤をお勧めする。
音楽発犬!しあわせヘッドホン15色パイオニアから発売中

MUSE/HYPER MUSIC(COMPILATION)

2010年03月22日
HYPER MUSICHYPER MUSIC
ミューズ

カッティング・エッジ 2001-11-21
売り上げランキング : 233020
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
UK

<DISK-1>
1. Hyper Music(Live)
2. Shine
3. Feeling Good(Live)
4. Please Please Please Let Me Get What I Want
<DISK-2>
1. Bliss
2. The Gallery
3. Screenager(Live)
4. Hyper Chondriac Music
<DISK-3>
1. New Born(Live)
2. Shrinking Universe
3. Piano Thing
4. Map Of Your Head
5. Plug In Baby(Live)
(2001年発表)

<評価>
★★★

<この1曲>
1. New Born(Live)

<評>
『ORIGIN OF SYMMETRY』からのシングル三作をまとめた日本企画盤。
解説もなければ対訳もないという、商魂たくましいAVEXならではの企画。
マニアでなければ、ムリに入手する必要はない。
<DISK-1>
『3. Feeling Good(Live)』が今となってはレア。
ジャジィな展開がライブでも映えている。
『2. Shine』は後にコンピ盤『HALLABALOO』に収録。
となると、アルバム未収録の
『4. Please Please Please Let Me Get What I Want』は貴重。
<DISK-2>
『2. The Gallery』『4. Hyper Chondriac Music』は『HULLABALOO』収録。
故に、DISK-2はライブ・バージョンを除き、アルバム未収曲はない。
<DISK-3>
『2. Shrinking Universe』『4. Map Of Your Head』は『HULLABALOO』収録。
『3. Piano Thing』のみ、アルバム未収。
ドラム・パートが強調された『1. New Born(Live)』は必聴。
 iTunes Store(Japan)

MUSE/ORIGIN OF SYMMETRY(2nd album)

2010年02月28日
オリジン・オブ・シンメトリーオリジン・オブ・シンメトリー
ミューズ

ワーナーミュージック・ジャパン 2007-02-21
売り上げランキング : 9641
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
UK

1. New Born
2. Bliss
3. Space Dementia
4. Hyper Music
5. Plug in Baby
6. Citizen Erased
7. Micro Cuts
8. Screenager
9. Darkshines
10. Feeling Good
11. Megalomania
(2001年発表)

<評価>
★★★★

<この1曲>
1. New Born

<もう1曲>
2. Bliss

<評>
過剰なまでの装飾と圧倒的な音圧、派手な音色とテクニカルな演奏、
プログレとインダストリアルの見事なまでの融合を果たした作品である。
デビューアルバム・リリース後は、RADIHEADのフォロワーとも言われた彼らだが、
このアルバムで独自の音世界を創出した。
『1. New Born』『5. Plug in Baby』は今日のライブの定番曲。
最近の楽曲と比較しても完成度は全く見劣りしない。
『2. Bliss』がこのアルバムの白眉。
MUSEの音楽性が確立されたアルバム。
デル株式会社

MUSE/SHOWBIZ(1st album)

2010年01月24日
ショウビズショウビズ
ミューズ

ワーナーミュージック・ジャパン 2006-08-02
売り上げランキング : 31488
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
UK

1. Sunburn
2. Muscle Museum
3. Fillip
4. Falling Down
5. Cave
6. Showbiz
7. Unintended
8. Uno
9. Sober
10. Spiral Static *
11. Escape
12. Overdue
13. Hate This and I'll Love You
*日本盤ボーナストラック
(1999年発表)

<評価>
★★★★

<この1曲>
3. Fillip

<評>
UK伝統芸能であるプログレを現代風に解釈、プログレスを更に深化させている
MUSEのデビュー・アルバム。緊迫した展開を煌びやかさで装飾して凝縮、
ナルシスティックな語りをカオスティックな轟音で聴かせる手法の片鱗を
この1stアルバムで見せている。
アコースティックな『4. Falling Down』や『7. Unintended』
を収録しているのがレア。
本作リリース後は、レディオヘッドのフォロワーとも言われた彼ら。
確かにダウナーな雰囲気はレディオヘッドに近いモノがある。
しかし、過剰なまでの装飾や、複雑な曲展開をノイジーでアップビートな展開
でいとも簡単にこなしてしまうテクニック偏重志向が、本作で萌芽しており、
単なるレディオヘッドのフォロワーではないことが一聴して分る。
『3. Fillip』はPOPさを兼ね備えた偏屈プログレの最高楽曲。
後にモンスターバンドへと変貌するMUSEの孵化直後のアルバム。
サウンドドック10
 | HOME | Next »