SECRET MACHINES UK!UK!ROCK
FC2ブログ

SECRET MACHINES/SECRET MACHINES(3rd album)

2009年06月26日
Secret MachinesSecret Machines
Secret Machines

Worlds Fair 2008-10-14
売り上げランキング : 150628

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
USA


1. Atomic Heels
2. Last Believer, Drop Dead
3. Have I Run Out
4. Underneath The Concrete
5. Now You're Gone
6. The Walls Are Starting To Crack
7. I Never Thought to Ask
8. The Fire Is Waiting
(2008年発表)

<評価>
★★★★

<この1曲>
3. Have I Run Out

<評>
シークレット・マシーンズの3rdアルバム。
ファースト・アルバム『NOW HERE IS NOWHERE』で聴かせた
スペイシーなグルーヴが彼らの最大の魅力だったが、
前作『TEN SILVER DROPS』で失速。
メンバーチェンジを経てリリースされた本作はなかなかの出来。
ファーストで魅せたスペイシーな感覚を残しつつ、
低音とエコーに重点を置いたトランスチックな音作りがイイ。
PINK FLOYDを想記させるのはご愛敬だが、
ドラマティックなメロディと緊迫感が交錯する展開は、
アルバムを通して聴くと、一本の映画を見たかのような既視感を覚える。
アメリカのバンドなれど、UKプログレを継承している好盤。

スポンサーサイト



SECRET MACHINES/TEN SILVER DROPS(2nd album)

2008年12月12日

テン・シルヴァー・ドロップステン・シルヴァー・ドロップス
シークレット・マシーンズ

ワーナーミュージック・ジャパン 2006-07-26
売り上げランキング : 349141

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
USA

1. Alone, Jealous, and Stoned
2. All At Once (It's Not Important)
3. Lightning Blue Eyes
4. Daddy's in the Doldrums
5. I Hate Pretending
6. Faded Lines
7. I Want To Know
8. 1,000 Seconds
9.Daddy's In The Doldrums(So Where Were You?)

<評価>
★★★

<この1曲>
1. Alone, Jealous, and Stoned

<評>
1stのぶっ飛び感からすると、こじんまりまとまってしまった2nd。
ピアノやアコースティックギターが多用され、内省的なアルバムになっている。
随所にスペーシーな味付けはされてあるものの、1stのようなインパクトはない。
本アルバム発表後にサマーソニック06に登場したSECRET MACHINES。
彼らの演奏を最前列で観たが2nd収録曲もグルーヴィーな味付けで演奏されており、
本アルバムがオーバープロデュースであることが判明。次作に期待したい。

↓次のサイトで洋楽サイトを検索できます

SECRET MACHINES/THE ROAD LEADS WHERE IT'S LED(single)

2008年12月12日

The Road Leads Where It's LedThe Road Leads Where It's Led
Secret Machines

Reprise 2005-06-07
売り上げランキング : 240066

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
USA

1. Road Leads Where It's Led
2. Better Bring Your Friends
3. Astral Weeks
4. Money (That's What I Thought)
5. Girl From the North Country
6. De Luxe (Immer Wieder)

<評価>
★★★

<この1曲>
1. Road Leads Where It's Led

<評>
1stアルバムのジャケットを黒に反転させたジャケットにつられて買ったシングル。
Van MorrisonやBob Dylanのカバーを含む全6曲入り。
アルバム収録曲は『1. Road Leads Where It's Led』と
日本版アルバムのボーナストラックとなった『De Luxe (Immer Wieder)』。
マニア以外、飛びつく必要のないアイテムであるが、ラスト3曲は7分・9分・8分の
長尺曲揃い。カバーも含め彼らの世界観が顕われている聴き応えのある楽曲群である。

↓次のサイトで洋楽サイトを検索できます

SERET MACHINES/NOW HERE IS NOWHERE(1st album)

2008年12月12日
ナウ・ヒア・イズ・ノーホエアナウ・ヒア・イズ・ノーホエア
シークレット・マシーンズ

ワーナーミュージック・ジャパン 2004-09-08
売り上げランキング : 266847
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
USA

1. First Wave Intact
2. Sad and Lonely
3. Leaves Are Gone
4. Nowhere Again
5. Road Leads Where It's Led
6. Pharaoh's Daughter
7. You Are Chains
8. Light's On
9. Nowhere Is Now Here
10.Immer Wieder

<評価>
★★★★★

<この1曲>
1. First Wave Intact

<もう1曲>
5. Road Leads Where It's Led

<評>
SECRET MACHINESはUKではなく、USAのバンドだ。
しかし、このバンドが放つUKロックのオーラ、そしてなによりUKプログレッシブロックの香り
に圧倒される。彼らもその辺は自覚していて、PINK FLOYD好きを公言している。
『Pharaoh's Daughter』なんてモロ、FLOYD。
『Nowhere Is Now Here』はKRAFTWERKの『AUTOBAHN』を想起させる。
アルバム1曲目の『First Wave Intact』から9分の長尺曲。
いきなり大仰なプログレか!と思わせつつ、グルーヴ感とスペーシーなトリップ感が最高!
アナログならばB面スタート曲となる『Road Leads Where It's Led』もフックとなるナンバー。
無機質な無菌室をイメージしたジャケットも素晴らしい。

↓次のサイトで洋楽サイトを検索できます
 | HOME |