SOMETHING CORPORATE UK!UK!ROCK
FC2ブログ

SOMETHING CORPORATE/NORTH(2nd album)

2009年08月09日
ノースノース
サムシング・コーポレイト

ユニバーサル インターナショナル 2006-07-19
売り上げランキング : 90905
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
USA

1. As You Sleep
2. Space
3. Down
4. Only Ashes
5. Me And The Moo
6. Runaway, The
7. Ruthless
8. She Paints Me Blue
9. Break Myself
10. I Won't Make You
11. 21 And Invincible
12. Miss America
13.This Broken Heart*
14.Unravel*
*日本盤ボーナストラック
(2003年発表)

<評価>
★★★★

<この1曲>
8. She Paints Me Blue

<もう1曲>
12. Miss America

<評>
サムシング・コーポレートの2ndアルバム。
悪くない。ロディ、アレンジ、演奏いずれもが練りに練られスキがない。
二十歳過ぎの若者達の2枚目とは思えないほどのクオリティだ。
だが、1stで魅せたようなストレートな感情の発露がなく、
きれいにまとまり過ぎている印象。大人になったのか・・・。
ネガティブな印象を連ねてしまったが、個々の楽曲は素晴らしく、
アルバム後半で聴かせてくれる泣きメロの連チャンは、
彼らの面目躍如たるものがある。
本作発表後、ピアノ・ヴォーカルのアンドリュー・マクマホンは、
『ジャックス・マネキン』なる別バンドに活動の軸足を移す。
サムシング・コーポレートとしてのラスト・アルバムとなるであろう本作、
そんな経緯を考えると、青春の甘酸っぱさを感じずにはいられない。
スポンサーサイト



SOMETHING CORPORATE/SONGS FOR SILENT MOVIES(COMPILATION)

2009年08月08日
ソングス・フォー・サイレント・ムーヴィーズソングス・フォー・サイレント・ムーヴィーズ
サムシング・コーポレイト

ユニバーサル インターナショナル 2003-05-21
売り上げランキング : 147534
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
USA

1.Punk Rock Princess(radio edit)
2.Little
3.Konstantine
4.Walking By
5.Forget December
6.I Want To Save You(accoustic)
7.Straw Dog(live in London)
(2003年発表)

<評価>
★★★★

<この1曲>
3.Konstantine

<評>
日本限定の編集盤。
なんといっても来日公演で演奏された長尺曲『3.Konstantine』の収録が嬉しい。
ピアノ弾き語りで10分に迫ろうかという切ないバラード。
ライブでこの曲を初めて聴いた時、余りの旋律の美しさがクラブ・チッタを支配し、
静寂感と陶酔感の波状攻撃により、涙腺がゆるんだ程の名曲。
この曲のためにこのコンピは存在すると断言しよう。
『5.Forget December』は初出。『6.I Want To Save You』のアコースティック・
バージョン、『7.Straw Dog』のライブ・バージョンもいい。
他の曲にも言及しておくと、
『1.Punk Rock Princess(radio edit)』は1st収録より若干短いだけ、
『2.Little』は日本盤1stのボーナストラックとして収録済み、
『4.Walking By』はデビューEP”AUDIOBOXER”に収録済み。
何はともあれ『3.Konstantine』。聴いて泣け!

~2002年9月 クラブ・チッタ 来日公演~
1stアルバムが素晴らしかったのでSOMETHING CORPORATE
の来日公演チケットは争奪戦、のはずが当日券で入場できた。ガラガラ・・・。
ハコの設定間違えたな~と思っていると前座の”BAND APART”登場。
太っちょベースがいい味出してた。最近見ないけど、元気かな?
いよいよサムシング・コーポレートの登場。古びたアップライト・ピアノが
いい味出している。アンドリューは時折、ピアノに足をかけて演奏していた。
ピアノを神聖視する日本人には少々違和感有り。まあ、若気の至りということで。
バンド・アンサンブルもバッチリで、メンバーが楽しんで演奏していたのが
印象的。アンドリューのピアノ/ヴォーカルもいい。曲がライブで活きているのだ。
ハイライトはやはり長尺曲『Konstantine』。MCで”思い出の曲”というようなことを
言っていたが、未聴の長尺バラードにただただ引き込まれていったのを思い出す。
客入りは芳しくなかったが、ライブ内容はパーフェクト。
ライブ会場で喜び勇んで買った赤いTシャツは勝負服となるはずが、
着る機会に恵まれず、徐々に色褪せていくのであった・・・

SOMETHING CORPORATE

SOMETHING CORPORATE/LEAVING THROUGH THE WINDOW(1st album)

2009年08月08日
リーヴィング・スルー・ザ・ウィンドウリーヴィング・スルー・ザ・ウィンドウ
サムシング・コーポレイト

ユニバーサル インターナショナル 2006-07-19
売り上げランキング : 99842
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
USA

1. I Want To Save You
2. Punk Rock Princess
3. I Woke Up In A Car
4. If You C Jordan
5. The Astronaut
6. Hurricane
7. Cavanaugh Park
8. Fall
9. Straw Dog
10. Good News
11. Drunk Girl
12. Not What It Seems
13. You're Gone
14. Globes and Maps
15.Little*
16.Bad Days*
*日本盤ボーナストラック
(2002年発表)

<評価>
★★★★★

<この1曲>
9. Straw Dog

<もう1曲>
7. Cavanaugh Park

<評>
(ベン・フォールズ・ファイブ+ウィーザー)÷2=サムシング・コーポレート
青春時代の愚直さ、甘酸っぱい思い、弾けるような勢い、そして逡巡・・・
アルバム全体から滲み出るこの切ない感覚はなんだろう。
ピアノ・ロックではあるが、ギタリストを二人擁していおり、
感傷だけに走らず、かといってノイジーになり過ぎず、
絶妙なバンド・アレンジが素晴らしい。ストリングスの導入も効果的だ。
ジャケット写真もイカしてるし、インナーのメンバー写真も自然体でイイ。
ベン・フォールズ・ファイブのデビュー・アルバムに匹敵しうる好盤。

SOMETHING CORPORATE/AUDIOBOXER(EP)

2009年08月05日
AudioboxerAudioboxer
Something Corporate

Drive-Thru 2001-10-02
売り上げランキング : 190259
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
USA

1. (Hurricane) The Formal Weather Pattern
2. If You C Jordan
3. Punk Rock Princess
4. Bad Days
5. Little
6. Walking By
(2001年発表)

<評価>
★★★★

<この1曲>
2. If You C Jordan

<もう1曲>
5. Little

<さらに1曲>
6. Walking By

<評>
ピアノ・エモなるジャンルを築き上げたサムシング・コーポレートのデビューEP。
このCDを初めて聴いた時、いいバンドだな~と感じたのを思い出す。
今あらためて聴き直すと”若さ”がほとばっしっていて、”青い”感じも否めないが、
なにせ彼らは19歳だったのだ。
ピアノ/ヴォーカルのアンドリュー・マクマホン率いるこのバンド、
他のメンバはギター×二人、ベース、ドラムという、ギターロックバンド編成。
しかし、聴かせる音は紛れもなくピアノ・オリエンティド。
『5. Little』『6. Walking By』の泣きメロは、在りし日の青春の一コマのよう。
1stアルバムにM1~M5が、日本独自のコンピにM6が収録されているので、
このEPはマニア御用達となってしまったが、若さが凝縮された好盤である。

 | HOME |