VAN DER GRAAF GENERATOR UK!UK!ROCK
FC2ブログ

VAN DER GRAAF GENERATOR/BIRMINGHAM MAY 6 1976(BOOTLEG)

2010年10月31日
birminghamUK
~LIVE AT WONDERLAND,BIRMINGHAM,WEST MIDLANDS,ENGLAND,UK MAY 6,1976~
DISK-1
1.THE UNDERCOVERMAN - SCORCHED EARTH
2.ARROW
3.(IN THE)BLACK ROOM
4.PILGRIMS
5.STILL LIFE
6.LA ROSSA

DISK-2
1.CHILDLIKE TAITH IN CHILDHOOD'S END
2.GOG
3.THE SLEEPWALKERS
*LA MUTUALIFTE,PARIS,FRANCE DECEMBER 6,1976
4.WHEN SHE COMES
5.STILL LIFE

<評価>
★★★★

<この1曲>
4.PILGRIMS

<評>
アルバム『STILL LIFE』リリース後のライブを完全収録したブート。
2005年の再結成VDGGのライブも『1.THE UNDERCOVERMAN - SCORCHED EARTH』
『3.(IN THE)BLACK ROOM』の流れを汲んでいるが、破綻寸前のアンサンブルで
ハラハラさせる演奏の荒々しさは、やはり当時の演奏に軍配があがる。
ライブで聴きたいと思っていた『4.PILGRIMS』も、イントロのヴォーカルから
不安定で、バントンのオルガンがハミルの絶唱に何とかあわしているのが分る。
2枚目の『GOG』などは、知らなければ完全アドリブのパンキッシュな即興曲としか
聞こえない、凄まじい演奏が繰り広げられる。
音質も上々で、VDGG全盛時の熱気と狂気が凝縮されたファン必携の音源。
アコースティックウェーブミュージックシステムII
スポンサーサイト



VAN DER GRAAF GENERATOR/SPRING TRISECTOR(BOOTLEG)

2010年10月31日
springtrisectorUK
~LIVE AT THE QUEEN ELIZABETH HALL,LONDON APRIL 3rd 2008~
DISK-1
1.Interference Patterns
2.Scorched Earth
3.Nutter Alert
4.Lemmings
5.Lifetime
6.All That Before

DISK-2
1.Meurglys III, The Songwriter's Guild
2.Over The Hill
3.(We Are) Not Here
4.Man-Erg
5.Childlike Faith In Chaildhood's End

<評価>
★★★

<この1曲>
5.Childlike Faith In Chaildhood's End

<評>
トリオ編成となったVDGGによるアルバム『Trisector』リリース直後のライブ。
正規盤『LIVE AT THE PARADISO』が『TRISECTOR』リリース前の音源だった
ことから、本作の価値は『PARADISO』に収録されていない楽曲にある。
特筆すべきはトリオVDGGの象徴とでもいうべき『1.Interference Patterns』。
複雑なリズムの曲をピーターのキーボードとバントンのオルガン、
エバンスのドラムが乱れることなく完奏していることに驚かされる。
他の『PARADISO』未収録曲は『Nutter Alert』『Over The Hill』
『(We Are) Not Here』『5.Childlike Faith In Chaildhood's End』。
新しい楽曲もいいが、ラスト『5.Childlike Faith In Chaildhood's End』が
収録されているのが嬉しい。
音質はオーディエンス録音ゆえ、音が遠く聞こえるのが残念だが、
聞きづらいことはない。
マニア向けの音源ではあるが持っていて損はないブート。
アコースティックウェーブミュージックシステムII - サウンドリンク

VAN DER GRAAF GENERATOR/FANTOM FIGURES(BOOTLEG)

2010年10月24日
fantomfiguresUK
~LIVE AT THE JUNCTION,CAMBRIDGE,UK 8th APRIL 2007~
DISK-1
1.Introduction
2.lemmings
3.Lifetime
4.La Rossa
5.Undercover Man
6.Scorched Earth
7.Every Bloody Emperor

DISK-2
1.All That Before
2.Meuglys III
3.The Sleepwalkers
4.Man-Erg
5.Nutter Alert

<評価>
★★★

<この1曲>
4.La Rossa

<評>
オフィシャル・ライブ盤『LIVE AT THE PARADISO』よりも6日前、
2007年4月8日のロンドン公演のブート。
オーディエンス録音と思われ、観客の声が大きく、全体に音像が遠い印象。
といっても、近年の録音技術の向上により70年代のブートとは桁違いの
音質のよさ。勿論オフィシャル盤とは比べるべくもないが、十分に楽しめる。
ライブ時期が近いこともあって、本作の存在価値はオフィシャル盤に含まれて
いない『4.La Rossa』『5.Undercover Man』『5.Nutter Alert』が収録されている
ことにある。なかでも『4.La Rossa』の美しさは筆舌に尽しがたい。
DISK-2冒頭の『1.All That Before』は、メンバー間の息が合わなかったのか、
イントロ途中で一度やめて、最初からやり直すハプニングも収録されている。
ライブならではの生々しさが伝わってきて面白い。

シマンテックストア

VAN DER GRAAF GENERATOR/LIVE AT THE PARADISO(LIVE)

2010年10月16日
Live at the Paradiso 14:04:07Live at the Paradiso 14:04:07
Van Der Graaf Generator

Voiceprint UK 2009-08-25
売り上げランキング : 307240

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
UK

LIVE AT THE PARADISO,14.04.07
<DISK-1>
1.Lemmings
2.A Place To Survive
3.Lifetime
4.(In The) Black Room
5.Every Bloody Emperor
6.All That Before
7.Gog
<DISK-2>
1.Meurglys III, The Songwriter's Guild
2.The Sleepwalkers
3.Man-Erg
4.Scorched Earth
(2009年発表)

<評価>
★★★★

<この1曲>
5.Every Bloody Emperor

<評>
トリオ編成となったVDGGが『TRISECTOR』リリース前に行ったライブを
収録したのが本作『LIVE AT THE PARADISO』。
『TRISECTOR』に収録されることとなる『3.Lifetime』と『6.All That Before』
は”今らしさ”と”VDGGらしさ”が共存するする曲。
聴き所満載の本作であるが、1曲選ぶとしたら
『5.Every Bloody Emperor』。バントンのオルガンが暴れていて、音色も暴発、
キータッチも暴発と、ライブならではの危うさを魅せてくれる。
トリオ編成VDGGの萌芽を記録したファン必聴のライブ盤。
Bose IE2 audio headphones

VAN DER GRAAF GENERATOR/AN INTRODUCTION(COMPILATION)

2010年10月11日
An IntroductionAn Introduction
Van Der Graaf Generator

EMI Import 2000-10-24
売り上げランキング : 437015
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
UK

1. Darkness (11/11)
2. Refugees
3. Killer
4. Theme 1
5. Man Erg
6. Sleepwalkers
7. Still Life
8. When She Comes
9. The Sphinx In The Face
(2000年発表)

<評価>
★★★

<この1曲>
4. Theme 1

<評>
VDGGのボックス・セットリリースと同時にドロップされたコンピ。
マニア以外買うことのないコンピであり、マニアならボックス・セットを
買うであろうから、このコンピの存在意義が分らない。
DISK UNIONでようやく見つけたが、アマゾンで廉価で販売されていたことを
購入後に知る。未発表曲が収録されているわけでもなく、一生このCDをかける
ことはないであろうが、コレクターは所有することに意味を見いだすのだ。
ライナー記載の写真がレア、というのがお勧めポイントか。
余程のコア・ファンでなければ購入不要のコンピ。

Bose AE2 audio headphones

VAN DER GRAAF GENERATOR/LONDON2005(BOOTLEG)

2009年06月24日
london2005UK

~London,Royal Festival Hall/2005/May/6~
DISK-1
1. Undercover Man
2. Scorched Earth
3. Refugees
4. Every Bloody Emperor
5. Lemmings
6. (In The) Black Room
7. Nutter Alert
DISK-2
1. Darkness
2. Masks
3. Childlike Faith in Childhood's End
4 Sleepwalkers
5. Man-Erg
6. Killer
7. Wondering

<評価>
★★★★

<この1曲>
6. (In The) Black Room

<評>
VDGG再々結成の初ライブ。
このCDを入手したときは震えたものだ。
あのVDGGが再々結成、しかもライブを演るとは!
演奏内容は想像以上。バンドの全盛時が”今”ではなかろうか?という出来。
音質もよく、会場の雰囲気を生々しく伝えている。
が、この日の公演が、正規盤『REAL TIME』としてリリースされ、
このブートの存在価値はなくなった。
マニアとしては、『REAL TIME』のミックス違いと割り切って楽しむ事が出来る。
それだけの名演がここにある。

VAN DER GRAAF GENERATOR/SATAN,GOD AND NEMO(BOOTLEG)

2009年06月21日
satangodandnemoUK

~Canada,Toronto Massey Hall/1976/October/15~
DISK-1
1.When She Comes
2.Masks
3.La Rossa
4.Still Life
DISK-2
1.Meurglys III/Gog/The Sleepwalkers

<評価>
★★★★

<この1曲>
3.La Rossa

<評>
『WORLD RECORD』リリース直後のライブ。
残念ながらDISK-2の『The Sleepwalkers』が、演奏途中でブツ切れ。
テープ切れ、あるいはテープの録音時間オーバーで以降の記録がない。
『WORLD RECORD』収録で最も好きな『Wondering』をこの後に演奏したのでは?
という妄想から逃れられない。音質もいいだけに非常に残念だ。
個人的には『GODBLUFF』、『STILL LIFE』に比べ『WORLD RECORD』は
思い入れが少ないので、『WORLD RECORD』収録曲になびかないだろう、
とこのブートを聴くまでは思っていた。
が、冒頭の『1.When She Comes』、『2.Masks』でこれらの曲の良さを認識。
曲の魅力を引き出すライブならではのマジックがここに記録されている。
続く『3.La Rossa』『4.Still Life』がこのブート最高の見せ場。
『3.La Rossa』にノックアウト。『Pilgrims』は演らなかったのか・・・?
完全収録ではないので、モヤモヤ感の残るブートであるが、
”ほぼ完全収録”、”音質良好”、”演奏最高”なのでファン必携。

VAN DER GRAAF GENERATOR/ONE MORE HEAVEN GAINED(BOOTLEG)

2009年06月20日
onemoreheavengainedUK
~England ,London Nes Victoria Theatre 1975/August/30~
1.Arrow
2.Faint-Heart And The Sermon
3.Lemmings
4.La Rossa
5.A Louse Is Not A Home
6.Scorched Earth
7.Man-Erg

<評価>
★★★★

<この1曲>
3.Lemmings

<評>
VDGGのブートCDとして早い段階でリリースされた逸品。
最近のお手軽CD-R&自家製プリンターで作られたブートとは異なり、
90年代初頭のブートCDは、盤プレスもジャケットにも凝ったモノが多い。
本作もCD盤には『STILL LIFE』のプレスを施し、
ジャケットは厚紙4つ折り仕様。表面は、上記画像(ハミル詩集の表紙)、
メンバー写真×2、公演ポスター。
裏面は、このコンサートのレビュー。当時の雑誌からの引用だ。
CD1枚のブートということもあり、公演の全貌ではないと思われるが、
音質も良好、演奏も先に紹介した『Worldly Men And Strangers』よりも
こなれている。VDGGブート・ヒストリーにおいて圧倒的ステイタスを誇るブート。

VAN DER GRAAF GENERATOR/WORLDLY MEN AND STRANGERS:A DAY IN THE LIFE OF VDGG(BOOTLEG)

2009年06月19日
worldlymenUK

~Italy Rimini/1975/August/9~
DISK-1
1.A House Is Not A Home
2.Faint-Heart And The Sermon
3.In The Black Room/Arrow
4.Forsaken Gardens
5.Lemmings
DISK-2
1.La Rossa
2.Pilgrims
3.The Sleepwalkers/Undercover Man/Scorched Earth
4.Man-Erg
5.Man-Erg(from the afternoon show)

<評価>
★★★★★

<この1曲>
2.Pilgrims

<評>
『GODBLUFF』レコーディング直後のコンプリート・ライブ。
フル・レングスでこの時期のライブを堪能できるのが嬉しい。
ハミルのソロ曲が4曲含まれていることにも注目したい。
初期VDGGの解散後も、メンバーはハミルのソロ制作につきあっているから、
ライブでもソロの曲を演奏する流れだったのだろうか。
レコーディング直後でライブ演奏を繰り返してきたバンドであるが、
76年のブート盤や、2005年再々結成の正規ライブ盤に比べると、
まだまだ手探りで最上のアレンジを探しているような印象を受ける。
全体のテンポも抑え気味だし、ハミルのシャウトにバンドが合わせられない
場面もある。臨場感に溢れた録音で、緊迫感がリアルに伝わってくる。
ジャケット、インナー掲載の写真も素晴らしく、
ライブ当日の模様を生々しく切り取っているかのようだ。
リマスター再発盤『GODBLUFF』のボーナス・トラックとして、
この公演から2曲収録されているのも頷ける。
VDGGの傑作ブート。

VAN DER GRAAF GENERATOR/OUT OF CONTROL(BOOTLEG)

2009年06月18日
outofcontrolUK

~Switzerland Zug/1972/May/5~
DISK-1
1.Darkness
2.Lost
3.Lemmings
4.Killer
DISK-2
1.After The Flood
2.Theme One
3.Octopus

<評価>
★★★★

<この1曲>
3.Octopus

<評>
初期VDGGのフル・レングス・ライブ・ブート。
オープニングからアンコールまで、完全収録と思われる。
音質は良くないが1972年の公演であることを考えれば、やむを得まい。
当時のコンサートの全貌が伺えるだけでも、資料的価値が高い。
特にDISK-2に収録の『1.After The Flood』や『3.Octopus』は激レア。
ジャケット写真含め、臨場感溢れる好ブート。

 | HOME | Next »