BEN FOLDS UK!UK!ROCK
FC2ブログ

BEN FOLDS/NICK HORNBY /LONELY AVENUE

2011年07月16日
ロンリー・アヴェニューロンリー・アヴェニュー
ベン・フォールズ/ニック・ホーンビィ

ワーナーミュージック・ジャパン 2010-10-13
売り上げランキング : 9682

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
USA

1. A Working Day
2. Picture Window
3. Levi Johnston's Blues
4. Doc Pomus
5. Your Dogs
6. Practical Amanda
7. Claire's Ninth
8. Password
9. From Above
10. Saskia Hamilton
11. Belinda
12. Picture Window(pop version)*
*日本盤ボーナストラック

<評価>
★★★★

<この1曲>
2. Picture Window

<もう1曲>
4. Doc Pomus

<評>
『ハイ・フィデリティ』など音楽ネタを特異とする英国人作家
ニック・ホーンビィと共作したアルバム。ニックは作詞を手がけている。
一聴するとここ最近のソロ作と同様、地味な印象を受ける。
BFFのファースト・アルバム、ソロ・ファースト・アルバムのような
躍動感溢れる作品ではない。しかし、聴けば聴くほどじわりと遅れて
おいしさが来る、味わい深い作品だ。
ガツンと勢いのみで聴かせるのアルバムではないが、
ゆっくりと聴き込んでほしいというベンの思いが伝わってくる佳作。

スポンサーサイト



BEN FOLDS/LONELY AVENUE TOUR SET LIST 2011/05/29

2011年05月30日
benfolds080.jpgUSA
震災直後に温かいメッセージを送ってくれたBEN FOLDSの
日本公演初日に行ってきた。
みっちりと30曲!BESTな選曲で熱い演奏を聴かせてくれた。
ベンとファンとで最高の時間を共有できて、ホント楽しかった。
最高でした!!
BEN、本当にありがとう。

セットリストを下記に記す。

■SET LIST
BEN FOLDS/LONELY AVENUE TOUR
@HITOMI-KINEN(人見記念講堂) in Japan

1. Levi Johnston's Blues
2. Doc Pomus
3. Gone
4. Belinda
5. Sleazy(Ke$ha)
6. Sentimental Guy
7. You To Thank
8. Effington
9. Hiroshima(in Japanese)
10. Not The Same
11. Still Fighting
12. Adelaide
13. Bastard
14. 14.Saskia Hamilton
15. You Don't Know Me
16. DRUM TRIO → DRUM DUO
17. Annie Waits
---Ben's Solo---
18. Picture Window
19. The Last Polka
20. Brick
21. Gracie
22. Boxing
23. Song for the Dumped(in Japanese)
"金返せ"
---Band Play---
24. Underground
25. Zak and Sara
26. Kate
27. Rockin’ The Suburbs
28. Army
---Encore---
29. The Luckiest(Solo)
30. Philosophy

BEN FOLDS/MESSAGE

2011年03月21日
ありがとう、ベン。
Personal Message from Ben about Japan:
To my Japanese fans and friends:
Japan has always been a very special place for me, my various bandmates
and crew. Its damn heartbreaking to see anything at all happen to people
you care about. I felt ill to see the news on Friday and all the images
following. I’ve checked on my close friends in Japan and thankfully
they’re all safe.

My Japanese fan base is not a massive arena full of faceless people,
its the number of people I can see and count from stage,
and many who I’ve met. Some have been along with us for 15 years!
I hope you all have come out of all of this safe and sound,
along with your friends and families.

I want to invite fans in Japan who have access to internet
to post notes, stories, pictures, information as you see fit
on this page which has been made for our small community of fans
in Japan. I’ll read and look at every one of them and try to respond
to as much as I can. It seems naturally what a family or community does.
If there is anything that any of you are trying to send to specific people,
and I can help, I will try.

Of course we’re all donating and there is a short list on this page
just in case anyone has had trouble choosing a charity. Personal notes
from you all might inform on how we can help from far away,
even if its just donating, lending an ear or sympathizing.

I’ve never known any more determined people than the ones I’ve met
in Japan so I’m sure you’ll dig out but… damn it sure sucks.

Not the praying type, but I’ll make an exception Japan.
Love,
Ben Folds

http://fuckyeahbenfolds.tumblr.com/page/3

BEN FILDS/UNIVERSITY A CAPPELLA!

2010年11月07日
Ben Folds Presents: University a CappellaBen Folds Presents: University a Cappella
Ben Folds

Epic 2009-04-28
売り上げランキング : 104637
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
USA

1. not the same
2. jesusland
3. brick
4. you don't know me
5. still fighting it
6. boxing
7. selfless, cold and composed
8. magic
9. landed
10.time
11.effington
12.everporated
13.fred jones part 2
14.army
15.fair
16.the luckiest
(2009年発表)

<評価>
★★★

<この1曲>
9. landed

<評>
ベン・フォールズ・ファイブ、ベン・フォールズ・ソロの楽曲を
大学生がアカペラでカバーしたアルバム。ベン・フォールズ本人が
プロデュースしており、『6. boxing』『11.effington』ではベンが
ヴォーカルをとっており、単なる企画盤に終わっていない。
希代のメロディー・メイカーであるベン・フォールズの楽曲ゆえ、
アカペラの響きの美しさがマッチして楽しめる。
とはいえ、オリジナルを知っているからこそ楽しめるアルバムであり、
ベン・フォールズ入門者にはお勧めできない、コア・ファン向けアイテム。
クワイアットコンフォート

BEN FOLDS/BEN FOLDS FILE(COMPILATION)

2009年05月14日
ベン・フォールズ・ファイル コンプリート・ベスト・オブ・ベン・フォールズ・ファイヴ&ベン・フォールズ(初回生産限定盤)(DVD付)ベン・フォールズ・ファイル コンプリート・ベスト・オブ・ベン・フォールズ・ファイヴ&ベン・フォールズ(初回生産限定盤)(DVD付)
ベン・フォールズ

SMJ(SME)(M) 2009-02-25
売り上げランキング : 2009
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
USA

1.Song For The Dumped
2.Jackson Cannery
3.Philosophy
4.Underground
5.Brick
6.Video Killed The Radio Star
7.Army
8.Don't Change Your Plans
9.Annie Waits
10.Zak And Sara
11.Still Fighting It
12.In Between Days
13.There'S Always Someone Cooler Than You
14.Landed
15.Give Judy My Notice
16.Black Glasses(featuring ANGELA AKI)
17.Song For The Dumped(japanese version)*
18.Hiroshima-B B B Benny Hit His Head(japanese version)*
*日本盤ボーナストラック
(2009年発表)

<評価>
★★★★

<この1曲>
6.Video Killed The Radio Star

<評>
ベン・フォールズ・ファイブのデビューから15年、
BFFとソロのキャリアを通算したベスト盤。
BFFのリマスター盤はかつてのアルバム未収録曲が追加されたり、
コンピレーション盤を何枚か出しているベンなので、
とりたててこのベスト盤に入れ込む必要はない。
BFFのリマスターアルバムを持っていない僕にとっては、
バグルスのカバー『6.Video Killed The Radio Star』が嬉しい。
バグルス→現エイジアのジェフ・ダウンズ作のこの曲、
UKロックフリークにはたまらないプレゼントだ。
他収録曲もBFFとベンの代表曲ばかり。
ライブ定番の迷曲『17.Song For The Dumped(金返せ!)』、
最新アルバム『WAY TO NOMAAL』の『HIROSHIMA』の日本語バージョンも
笑える。アンジェラ・アキとの共作もなかなかの出来。
ベン入門に最適の一枚。

BEN FOLDS/WAY TO NORMAL(3rd album)

2009年05月14日
ウェイ・トゥ・ノーマルウェイ・トゥ・ノーマル
ベン・フォールズ

SMJ(SME)(M) 2008-09-17
売り上げランキング : 36780
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
USA

1. Hiroshima(B B B Benny Hit His Head)
2. Dr. Yang
3. The Frown Song
4. You Don’t Know Me(featuring Regina Spektor)
5. Before Cologne(Instrumental)
6. Cologne
7. Errant Dog
8. Free Coffee
9. Bitch Went Nuts
10. Brainwascht
11. Effington
12. Kylie From Connecticut
13.Way To Normal*
14.Free Coffee Town*
15.Frowne Song(feeble anthem)*
16.Cologne(piano orchestra version)*
*日本盤ボーナストラック
(2008年発表)

<評価>
★★★★

<この1曲>
6. Cologne

<もう1曲>
3. The Frown Song

<評>
ベン・フォールズのソロ3rdアルバム。
前作『SONGS FOR SILVERMAN』は非常に内省的なアルバムだったが、
本作はROCKな曲やPOPな曲がそろい、
ソロ1作目『ROCKIN' THE SUBURBS』に近いテイスト。
いや、より楽曲の幅が拡がり、ソロ1stよりもバリエイションに富んだ内容と言える。
冒頭の『1. Hiroshima』は日本ツアーで、ベンがステージでケガをした事件を
笑い飛ばすアップ・テンポなナンバー。続く『2. Dr. Yang』もRock'n'rollな小曲。
ニヤリとさせられるのが『3. The Frown Song』。最近のOASISの曲みたいだ!
確かにベンはオアシスの『CHAMPAGNE SUPERNOVA』をカバーしてるし、
メロディ・メーカーとしてベンもOASISも世界最高峰。
そこは、さすがベン、最近のオアシスみたいなサイケ・アレンジではなく、
アナログ・シンセ(MOOGと思われ)で80年代風の味付けにしてある。
『3. The Frown Song』のオアシス・カバー、聴きたいな~(妄想)
シリアスな展開からエレピが弾ける『8. Free Coffee』→意味深なナレーション
→コミカルな『9. Bitch Went Nuts』の流れもイイ。
ボーナストラックの『13.Way To Normal』はプログレを意識して作ったとか・・・。
確かにマイナー・コード進行で、転調を繰り返す異色ナンバー。
アメリカ人のプログレはUKプログレとはテイストが違う(苦笑)
ジャケットも含め、”ベンらしさ”に溢れる好盤。

BEN FOLDS/OVER THE HEADE”森のリトル・ギャング”(OSS)

2009年05月10日
森のリトル・ギャング森のリトル・ギャング
ルパート・グレグソン=ウィリアムズ

ソニー・ミュージックジャパンインターナショナル 2006-08-02
売り上げランキング : 181144
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
USA

1. Family Of Me  Ben Folds
2. RJ Enters The Cave  Rupert Gregson-Williams
3. The Family Awakes - Rupert Gregson-Williams
4. Heist  Ben Folds
5. Lost In The Supermarket  Ben Folds
6. Lets Call It Steve - Rupert Gregson-Williams
7. Hammy Time - Rupert Gregson-Williams
8. Still  Ben Folds
9. Play? - Rupert Gregson-Williams
10. Rockin’ The Suburbs (Over The Hedge Version)  Ben Folds featuring William Shatner
11. The Inside Heist - Rupert Gregson-Williams
12. RJ Rescues His Family - Rupert Gregson-Williams
13. Still (Reprise)  Ben Folds

(2006年発表)

<評価>
★★

<この1曲>
4. Heist

<評>
DREAMWORKSの映画『森のリトル・ギャング』のサントラ。
ベンが音楽監修を担当し、新曲も含まれているというこうとで、
映画を観ていないのに購入。
『1. Family Of Me』はアップ・テンポのナンバーだが、2分弱の小曲。
『4. Heist』もアッパーテイストの曲。ホーンセクションを導入しているのが異色。
『5. Lost In The Supermarket』はクラッシュのカバー。これが一番ベンらしいかも。
『8. Still』『13. Still (Reprise)』は、『SONGS FOR SILVERMAN』のテイストを
継承する内省的なナンバー。
『10. Rockin’ The Suburbs (Over The Hedge Version)』は、
アルバム収録バージョンにナレーションが被さる内容で、
アウトロ部分に若干の編集があるのみ。
必聴という曲はなく、コアなベン・フォールズ・ファン向けのサントラ。

↓DVDはこちら↓
森のリトル・ギャング スペシャル・エディション [DVD]森のリトル・ギャング スペシャル・エディション [DVD]
アヴリル・ラヴィーン, ユージン・レヴィ, ブルース・ウィリス, ギャリー・シャンドリング, ティム・ジョンソン

by G-Tools

BEN FOLDS/SONGS FOR GOLDFISH(LIVE COMPILATION)

2009年05月10日
ソングス・フォー・ゴールドフィッシュソングス・フォー・ゴールドフィッシュ
ベン・フォールズ

ソニー・ミュージックジャパンインターナショナル 2006-04-19
売り上げランキング : 136190
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
USA

1. In Between Days
2. Gone
3. Hiro's Song
4. You to Thank
5. Weather Channel Music
6. Evaporated
7. There's Always Someone Cooler Than You
8. Rockin' the Suburbs
9. Radio Jingles for Tokyo's Inter-FM
10. Side of the Road
(2006年発表)

<評価>
★★★★

<この1曲>
8. Rockin' the Suburbs

<もう1曲>
7. There's Always Someone Cooler Than You

<評>
2005年発表のソロ2作目『SONGS FOR SILVERMAN』と同時期に
オンライン販売でリリースされた本作。
2006年に日本盤化され店頭販売もされるようになった。
日本盤の帯には『SONGS FOR SILVERMAN』の裏盤と書かれているが、
本作はソロ活動後のライブを集めたコンピレーションで、
BFFのコンピ『NAKED BABY PHOTOS』に近い作りだ。
2002年/2004年/2005年のライブを中心に編まれているが、
2004年の2曲を推す。
『8. Rockin' the Suburbs』はソロ1作目のタイトル・ナンバー。
アルバム収録のキーボード+ギター中心のアレンジとは打って変わり、
ピアノ・トリオとしての演奏が素晴らしい。
『7. There's Always Someone Cooler Than You』はEP三部作収録の名曲。
本作に収録されているテイクでは、ベンの声が擦れていて、ライブ音源ならではの
楽しみがある。
もちろんM1~M5の2005年の録音も秀逸。
ベンのライブはいつ聴いても最高であることを再認識できるアルバム。

BEN FOLDS/SONGS FOR SILVERMAN(2nd ALBUM)

2009年05月09日
ソングス・フォー・シルヴァーマンソングス・フォー・シルヴァーマン
ベン・フォールズ

ソニー・ミュージックジャパンインターナショナル 2005-04-13
売り上げランキング : 71831
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
USA

1. Bastard
2. You To Thank
3. Jesusland
4. Landed
5. Late
6. Gracie
7. Sentimental Guy
8. Trusted
9. Give Judy My Notice
10. Time
11. Prison Food
12. Side Of The Road*
*日本盤ボーナストラック
(2005年発表)

<評価>
★★★★

<この1曲>
2. You To Thank

<評>
EP三部作後にリリースされたこの2ndアルバムの評価は難しい。
3部作の流れを引き継いで、非常に内省的な内容だ。
BFFの1st、あるいはソロ1st『ROCKIN' THE SUBURBS』の弾けたロック・チューンを
期待していると、本作には失望することになる。
しかし、すぐそばでベンが語りかけているようにに歌われる一つ一つの楽曲は
非常に完成度が高く、『2. You To Thank』の間奏で聴かせるように、
ピアノも縦横に走っている。
セルフ・ポートレイトとなっているジャケットなさがら、感情を高ぶらせることなく、
ベンが自分自身の内面を吐露しているかのようなアルバム。

BEN FOLDS/SUPERSUNNYSPEEDGRAPHIC,THE LP(compilation)

2009年05月06日
Supersunnyspeedgraphic: The LPSupersunnyspeedgraphic: The LP
Ben Folds

Sony 2006-11-28
売り上げランキング : 88359
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
USA

1. In Between Days
2. All U Can Eat
3. Songs Of Love
4. There's Always Someone Cooler Than You
5. Learn To Live With What You Are
6. Bitches Ain't Shit
7. Adelaide Folds
8. Rent A Cop Folds
9. Get Your Hands Off My Woman
10. Bruised
11. Dog
12. Still/Bitches Ain't Shit(reprise)
(2006年発表)

<評価>
★★★★

<この1曲>
4. There's Always Someone Cooler Than You

<評>
EP3部作を中心に集められたコンピレーション。
『THE BENS』収録曲とシングル『Bitches Ain't Shit』も収録。
EP3部作がそれぞれ5曲収録だったこともあり、
このアルバムで3部作すべての曲は網羅できないものの、
本作のリリースはファンにとってありがたかった。
EP三部作の楽曲群には散漫な印象があったが、
本作のように1枚にまとめられると、それなりの統一感がある。
『ROCKIN' THE SUBURBS』と『SONGS FOR SILVERMAN』の間の
ミッシング・リンクが本作にて明らかに。
ベンのディスコグラフィーを知る上で重要なアルバム。

 | HOME | Next »