DOVES UK!UK!ROCK
FC2ブログ

DOVES/LIVE雑感

2009年01月28日
DOVESUK
DOVESのライブは素晴らしい!
過去3回の来日、いずれも観ることができた。

02年 フジロック/レッド・マーキー
03年 渋谷クアトロ
05年 フジロック/ホワイト・ステージ

02年のフジ、生ダヴズを観たときはびっくり!
ふつうのおっさん(失礼!飾らない気さくな人、と褒めてます)が演奏してる。
しかも、曲ごとに楽器パートをチェンジ!
その演奏がまたイイのです。

03年は初の単独来日。狭いクアトロのステージになんとスクリーンが!!
ただでさえ狭いステージが更に狭くなったところに、
太っちょのボーカルが小忙しく楽器をチェンジ。
時にはドラムも叩く芸達者ぶりを発揮。メンバー間の呼吸もばっちりで、
ダヴズならではの世界観を見事に表現。
肩肘張らず自然体で演奏を楽しもう、という彼らの気持ちが
ストレートに反映されていた。スクリーンには人形が旅をしている映像が
セピア色に処理されて映し出され、切ないメロディーとシンクロ。
最高のダヴズワールドを堪能できたライブ。
このライブ映像化してくれないかな~

05年のフジは同時刻の”上原ひろみ”を優先したため、
ダヴズのライブは後半のみ参戦。
『SOME CITIES』のインパクトが弱かったためか、
ライブの印象も余り残っていない・・・

↓次のサイトで洋楽サイトを検索できます
スポンサーサイト



DOVES/SOME CITIES/(3rd album)

2009年01月28日
サム・シティーズ (CCCD)サム・シティーズ (CCCD)
ダヴズ

EMIミュージック・ジャパン 2005-02-23
売り上げランキング : 223957
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
UK

1. Some Cities
2. Black And White Town
3. Almost Forgot Myself
4. Snowden
5. The Storm
6. Walk In Fire
7. One Of These Days
8. Someday Soon
9. Shadows Of Salford
10. Sky Starts Falling
11. Ambition
12. Eleven Miles Out*
13. At The Tower*
*日本盤ボーナストラック
(2005年発表)

<評価>
★★★

<この1曲>
4. Snowden

<もう1曲>
6. Walk In Fire

<評>
大傑作『THE LAST BROADCAST』から3年を経て発表された3rd。
アルバム全体に統一感がある。陰のあるダヴズ節も健在だ。
『4. Snowden』『6. Walk In Fire』の美しさは別格。
敢えて言えば、ダヴズ特有の”ここでこの音色が来るかぁ!”
という意外性に欠ける印象がある。
聴けば聴くほど耳になじみ、噛めば噛むほど味のでるアルバムだが、
2ndが素晴らしすぎた故、辛口の評価で★★★。

ちなみに僕が持っているのは、化粧箱入りのUK限定盤。
特典DVDとポスター、ブックレットがついている。
日本盤と違ってコピーコントロールじゃないのもいい。
よって、日本盤のボーナストラックは未聴・・・
somecities

↓次のサイトで洋楽サイトを検索できます

DOVES/LOST SIDES(COMPILATION)

2009年01月27日
ロスト・サイヅ   (CCCD)ロスト・サイズ (CCCD)
ダヴズ

EMIミュージック・ジャパン 2003-10-29
売り上げランキング : 283891
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
UK

1. Break Me Gently (Incidental)
2. Darker
3. Your Shadow Lay Across My Life
4. Meet Me At The Pier
5. Down To Sea
6. Crunch
7. Zither
8. Valley
9. Northenden
10. Hit The Ground Running
11. Willow's Song
12. Far From Grace
13.Words(Echoboy Remix)*
14.M62 Song(Four Tet Remix)*
15.Satellites(Soulsavers Remix)*
*日本盤ボーナストラック
(2003年発表)

<評価>
★★★

<この1曲>
13.Words(Echoboy Remix)

<もう1曲>
14.M62 Song(Four Tet Remix)

<評>
1st、2ndアルバム発表後のB面コンピ。
それなりの佳曲もあるが、各アルバムの日本盤にボーナストラックとして
収録された曲もあり、必須アイテムではない。
2ndアルバム収録の『13.Words』『14.M62 Song』のリミックスは聴き応えあり。
『Words』は原曲の良さをさらに引き出すかのような音色使いがGOOD。
アメリカ盤は2枚組でリミックス曲を多数収録しているので、
↓こちらがお勧めかも(アメリカ盤、未所有です・・・)
Lost Sides
Lost Sides

↓次のサイトで洋楽サイトを検索できます

DOVES/POUNDING(single)

2009年01月27日
パウンディング~JAPAN ONLY EPパウンディング~JAPAN ONLY EP
ダヴズ

EMIミュージック・ジャパン 2002-07-17
売り上げランキング : 389126
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
UK

1.POUNDING(DOVES SIGLE MIX LONG VERSION)
2.THE CEDAR ROOM(LIVE)
3.HERE IT COMES(LIVE)
4.VALLEY
5.YOUR SHADOW LAY ACROSS MY LIFE
6.WILLOW SONG
(2002年発表)

<評価>
★★★

<この1曲>
2.THE CEDAR ROOM(LIVE)

<評>
『LOST SIDES』と題した未発表曲コンピレーション・アルバムがあるので、
このシングルはコレクター向けアイテム。
ライブ・バージョンの2曲『2.THE CEDAR ROOM』『3.HERE IT COMES』が
現時点の日本盤アルバム未収曲となる。
ライブ、と言っても多分ラジオ局のスタジオ・ライブなので、
オーディエンスの声はなく淡々と演奏してる印象。

↓次のサイトで洋楽サイトを検索できます

DOVES/THE LAST BROADCAST(2nd album)

2009年01月26日
ザ・ラスト・ブロードキャスト 来日記念盤ザ・ラスト・ブロードキャスト 来日記念盤
ダヴズ

EMIミュージック・ジャパン 2003-01-22
売り上げランキング : 176534
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
UK

1. Intro
2. Words
3. There Goes The Fear
4. M62 Song
5. Where We're Calling From
6. N.Y.
7. Satellites
8. Friday's Dust
9. Pounding
10. Last Broadcast
11. The Sulphur Man
12. Caught By The River
13.Far From Grace*
14.Northenden*
*日本盤ボーナストラック
(2002年発表)

<評価>
★★★★★ 名盤!

<この1曲>
2. Words

<もう1曲>
14.Northenden*

<さらに1曲>
4. M62 Song

<評>
ダヴズ最高傑作。いぶし銀UKロック最高峰アルバム。
派手さとは全く無縁だが、バンド全体が自然体で鳴らすメロディー、
カリスマ性のかけらもないヴォーカル(←褒めてます!)、
一音一音のキーボード・ギターの音色、全てが素晴らしい。
彼ら自身がUKロックを愛し、楽しんで演奏しているのが分かる。
アルバム冒頭の『Intro』。
解説によれば”ディスコ・サウンドの回転を遅らせた”とある。
誰も指摘していないがはっきり言おう。
この曲はFRIPP&ENOの『NO PUSSYFOOTING』へのオマージュである。
キング・クリムゾンの70年代中期のライブ冒頭で鳴らされてていたこの曲を
モチーフに作られたことは明らか(ジャケットにはクレジットされていない)。
『4. M62 Song』はキングクリムゾンの歴史的名盤『クリムゾン・キングの宮殿』に
収録されている『MOONCHILD』の改作(こちらはクレジットあり)。
こんな小ネタはさておき、本作の白眉は『2. Words』と『14.Northenden』。
このアナログチックなシンセの響きは強度の中毒性あり。
繰り返し聴いても飽きない、むしろ聴けば聴くほど新たな発見のある埋もれた名盤。

↓次のサイトで洋楽サイトを検索できます

DOVES/LOST SOULS(1st album)

2009年01月24日
ロスト・ソウルズ(失われた魂)ロスト・ソウルズ(失われた魂)
ダヴズ

EMIミュージック・ジャパン 2001-03-07
売り上げランキング : 143536
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
UK

1. Firesuite
2. Here It Comes
3. Break Me Gently
4. Sea Song
5. Rise
6. Lost Souls
7. Melody Calls
8. Catch the Sun
9. The Man Who Told Everything
10. The Cedar Room
11. Reprise
12. House
13.Valley*
14.Crunch*
15.Your Shadow Lay Across My Life*
*日本盤ボーナストラック
(2000年発表)

<評価>
★★★

<この1曲>
8. Catch the Sun

<もう1曲>
10. The Cedar Room

<評>
UKらしい陰影のある音を聞かせるダヴズの1st。
僕のダヴズ・デビューは2ndだが、その秀逸な楽曲群にはまり、
1stを買いに走った記憶がある。
で、この1st、ダヴスの骨格となる要素はすでに完成しており、
『The Cedar Room』で、2ndの萌芽を聞き取る事ができる。
ボクサーをテーマにしたジャケット、インナーも彼らの音世界を忠実に表現。
プログレ・リスナーにも訴求する、陰った音世界が心地よい。

↓次のサイトで洋楽サイトを検索できます
 | HOME |