THE MUSIC UK!UK!ROCK
FC2ブログ

スポンサーサイト

--年--月--日
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

THE MUSIC/ THE FAREWELL JAPAN TOUR SETLIST

2011年07月28日
THE MUSIC / THE FAREWELL JAPAN TOUR
@SHIBUYA-AX ,TOKYO 2011/07/27
■セットリスト■
01.THE DANCE
02.TAKE THE LONG ROAD AND WALK IT
03.THE TRUTH IS NO WORDS
04.FREEDOM FIGHTERS
05.FIRE
06.HUMAN
07.THE SPIKE
08.WELCOME TO THE NORTH
09.DRUGS
10.TOO HIGH
11.STRENGTH IN NUMBERS
12.GETAWAY
13.THE PEOPLE
14.BLEED FROM WITHIN
~ENCORE~
THE WALLS GET SMALLER

最高のライブ!
ロブの声が出てた。DRUGSのサビを低音で歌ったのは萎えたが・・・
なんで解散するんだよ~という思いと、
やっぱここまでか~という思いと。
2002年のフジロック/レッド・マーキーでの強烈な出会いを経て、
その後フジ、サマソニ、単独ライブと来日の都度彼らを見てきた。
あれから10年か~
次のフジロックがラストかと思うと複雑な気持ち。
フジはDRUGSを高音でキメて欲しい。
スポンサーサイト

THE MUSIC /THE SPIKE ep(mini album)

2008年11月27日
the spikeUK
THE SPIKE EP


1. THE SPIKE (ALBUM VERSION)
2. DRUGS (ALBUM VERSION)
3. JUST COS I’M ALONE
4. HANDS ON FIRE
5. HONEST
6. FUNKY
7. THE SPIKE (LETS GO TO WAR REMIX)
8. DRUGS (JAPANESE POPSTARS REMIX)

<評価>
★★★

<この1曲>
3. JUST COS I’M ALONE

<評>
3rdからのシングル。
アルバム未収録の『JUST COS I’M ALONE』はメロディアスな佳作。
『HANDS ON FIRE 』はアコースティックな小曲。
『HONEST』は80年代を彷彿させるシンセの音色がチープ。
『FUNKY』はギター弾き語り風のこれまたTHE MUSICらしからぬナンバー。
THE MUSICのシングル・ミニアルバムはジャケは良いけど、コレクター向き。

↓次のサイトで洋楽サイトを検索できます

THE MUSIC / STRENGTH IN NUMBERS(3rd album)

2008年11月27日
STRENGTH IN NUMBERS(3万枚生産限定)STRENGTH IN NUMBERS(3万枚生産限定)
ザ・ミュージック

UNIVERSAL INTERNATIONAL(P)(M) 2008-06-04
売り上げランキング : 3558
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
UK

DISC-1
1. Strength In Numbers
2. The Spike
3. Drugs
4. Idle
5. The Leftside
6. Fire
7. Get Through It
8. Vision
9. The Last One
10. No Weapon Sharper Than Will
11. Cold Blooded
12. Inconceivable Odds

DISC-2
1. The Price[Steve Fitzmrurice Mix]
2. The Rain
3. Traps
4. What Am I
5. Symbol Of Hope
6. Victim
7. Strength In Numbers[THE WHIP REMIX]

<評価>
★★★★

<この1曲>
3. Drugs

<評>
1st大絶賛、2nd賛否両論の末の3rd。
ダンサブルなダウナー・ナンバーが並び、エレクトリックなビートをベースとしたアルバム。
1stで見せつけた本能剥き出しの荒々しさは感じられず、
脳みそで考えた末の曲という印象。
プログラムされたダンスビートが心に響くか否かでこのアルバムの賛否が決まる。
CD1枚の通常盤を買わずに、2枚組の限定盤を購入するように。
2枚組のジャケットは通常版の裏焼き。
最近DVDとの2枚組も出た・・・
CD2枚組とDVDとの2枚組を買わないとすべての音源・映像をコンプリートできない。

↓次のサイトで洋楽サイトを検索できます

THE MUSIC / BREAKIN' EP(mini album)

2008年11月24日
Breakin’EPBreakin’EP
ザ・ミュージック

EMIミュージック・ジャパン 2005-03-09
売り上げランキング : 305200

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
UK

1. Breakin'
2. The People(Nick McCabe Remix)
3. Welcome To The North(live)
4. The People(live)
5. Freedom Fighters(live)
6. Bleed From Within(live)

<評価>
★★★

<この1曲>
6. Bleed From Within(live)

<評>
日本限定ミニ・アルバム。ライブ音源が収録されているのが嬉しい。
ライナーによればこの音源、2ndアルバム発売前のライブらしい。
THE MUSICは2ndアルバムを気に入っていない、という記述をよく読むが、
2ndの録音・ミックスが気に入っていないだけで、
自分たちの楽曲にはプライドを持っているに違いない。
本作に収録されている音源を聴けば、2nd収録曲の荒々しいグルーヴがリアルに感じられるだろう。
アルバム収録時にかき消されてしまった生々しい初期衝動がここにある。
1stアルバム収録の『The People』もツアーを経て演奏がよりダイナミックになっているのが解る。
現時点ではTHE MUSICの公式ライブCDが発表されていないだけに、本作は貴重である。

↓次のサイトで洋楽サイトを検索できます

THE MUSIC / BLEED FROM WITHIN EP(single)

2008年11月24日
Bleed From Within EPBleed From Within EP
ザ・ミュージック

EMIミュージック・ジャパン 2004-12-22
売り上げランキング : 233621
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
UK

1. Bleed From Within
2. Come What May
3. Middle Of Nowhere(Demo Version)
4. Bleed From Within(Thin White Duke Mix)
5. Bleed From Within(Thin White Duke Dub)
6. Freedom Fighters(John Digweed&Nick Muir Club Dub)

<評価>
★★

<この1曲>
1. Bleed From Within

<評>
2ndアルバムからのシングル第二弾。
タイトル曲のミックス違いが入っているが、この手のものはオリジナルが1番と相場が決まっている。
アルバム未収の『Come What May』『Middle Of Nowhere(Demo Version)』もそれなりの出来。
これまたジャケットコレクター以外は購入不要だろう。

↓次のサイトで洋楽サイトを検索できます

THE MUSIC / FREEDOM FIGHTERS EP(single)

2008年11月24日
FREEDOM FIGHTERS EPFREEDOM FIGHTERS EP
ザ・ミュージック

EMIミュージック・ジャパン 2004-08-25
売り上げランキング : 202615
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
UK

1. Freedom Fighters
2. Getaway(Slow)
3. So Low
4. Freedom Fighters(John Digweed Remix)

<評価>
★★

<この1曲>
1. Freedom Fighters

<評>
2ndアルバム発売前に発表されたシングル。
タイトル曲はアルバム収録と同じバージョン。
『Getaway(Slow)』は1st収録曲のスローバージョンだが、とりたてて聴く必要はないだろう。
『So Low』もアルバム未収録だがそこまでの出来ということ。
2ndアルバムを持っていれば、ジャケットコレクター以外は購入不要。

↓次のサイトで洋楽サイトを検索できます

THE MUSIC / WELCOME TO THE NORTH(2nd album)

2008年11月24日
WELCOME TO THE NORTHWELCOME TO THE NORTH
ザ・ミュージック

EMIミュージック・ジャパン 2004-09-08
売り上げランキング : 85651
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
UK

1. WELCOME TO THE NORTH
2. FREEDOM FIGHTERS
3. BLEED FROM WITHIN
4. BREAKIN'
5. CESSATION
6. FIGHT THE FEELING
7. GUIDE
8. INTO THE NIGHT
9. I NEED LOVE
10. ONE WAY IN、NO WAY OUT
11. OPEN YOUR MIND
12. FREEDOM FIGHTERS (Electric Elimination) (BONUS TRACK)

<評価>
★★★★

<この1曲>
BLEED FROM WITHIN

<もう1曲>
ONE WAY IN、NO WAY OUT

<評>
THE MUSICファンの期待が最高潮に達した段階で発表された2nd。
期待が高かった分、失望が大きかった。やはり1stを超えられなかったと。
しかし、改めて聴いてみるとなかなかの作品に仕上がっていることが解る。
1曲目『WELCOME TO THE NORTH』から4曲目『BREAKIN'』は、
現在もライブの定番になっているTHE MUSIC節全開の曲だし、
6曲目以降は、THE MUSICの新境地ともいえるメロディアスなナンバーが並ぶ。
アナログ時代のA面B面を意識したかのような曲順構成に、
彼らの音楽性の進化と深化が顕れている。

↓次のサイトで洋楽サイトを検索できます

THE MUSIC / GETAWAY EP(mini album)

2008年11月23日
GETAWAY E.P.GETAWAY E.P.
ザ・ミュージック

EMIミュージック・ジャパン 2002-11-16
売り上げランキング : 116312
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
UK

1. Getaway (Edit)
2. Dragon Song
3. Raindance
4. Human (Live in Tokyo)
5. Take The Long Road And Walk It (Live in Tokyo)
6. Disco (Live in Tokyo)

<評価>
★★★★

<この1曲>
5. Take The Long Road And Walk It (Live in Tokyo)

<評>
タイトル曲『Getaway』はアルバム収録のEditバージョン。
フェイド・アウト編集されており、物足りなさを感じる。
本作の聴きどころは1stアルバム収録曲のライブバージョンだ。
特に『Take The Long Road And Walk It』については、
シングル・バージョンアルバム・バージョン⇒本作ライブ・バージョンと
聴き比べると、彼らの短期間の成長が理解できるだろう。
『Take The Long Road And Walk It』のプロモ・ビデオが
2種類収録されているのも嬉しい。

↓次のサイトで洋楽サイトを検索できます

THE MUSIC / THE PEOPLE EP(mini album)

2008年11月23日
THE PEOPLE EPTHE PEOPLE EP
ザ・ミュージック

EMIミュージック・ジャパン 2002-07-10
売り上げランキング : 93756
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
UK

1. the people
2. let love be the healer
3. life
4. jag tune
5. treat me right on ※〈CDエクストラ〉

<評価>
★★★

<この1曲>
1. the people

<評>
ミニ・アルバム第二弾。
『the people』は名曲だ。この曲の評価は『★★★★★名曲!』なのだけど、
このミニ・アルバム全体評価としては低い。
『the people』以外の楽曲は1stアルバム未収であるが、
それなりの出来で没テイクと考えていい。
色違いのジャケットを集めたいというコレクター以外、
1stアルバムを持っていれば本作の購入をお勧めしない。

↓次のサイトで洋楽サイトを検索できます

THE MUSIC/ THE MUSIC EP(mini album)

2008年11月22日
THE MUSIC EP(デビュー・ミニ・アルバム)THE MUSIC EP(デビュー・ミニ・アルバム)
ザ・ミュージック

EMIミュージック・ジャパン 2002-03-27
売り上げランキング : 121994
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
UK

1.Take the long road and walk it
2.The walls get smaller
3.You might as well try to fuck me
4.Karma
5.Too high
6.New instrumental(live at LEEDS ROCKET)

<評価>
★★★★

<この1曲>
1.Take the long road and walk it

<評>
1st albumリリース前に発表された日本限定ミニ・アルバム。
これを聞いた時はぶっ飛んだ。
オープニング『Take the long road and walk it』の”うねり”に飲み込まれ、
THE MUSICの圧倒的な存在感に叩きのめされたことを覚えている。
ちなみに本作収録の『Take the long road and walk it』はアルバム収録とは
別バージョン。アルバム収録前の”raw material”がここにある。
本作からアルバム収録となるのは『Too high』も同様だが、
こちらもアルバム収録とは別テイク。つまり、1stアルバムと本作で同一曲はない!
THE MUSIC誕生の瞬間を切り取ったファン必携の1枚。

↓次のサイトで洋楽サイトを検索できます

 | HOME | Next »

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。