UK!UK!ROCK

雑感

2017年05月13日
まったく更新できず、放置ブログとなってしまった。
音楽に対する興味が薄れたわけではなく、ライブもそれなりに行っている。
が、CDを買う機会も激減した。
ダウンロードやストリーミングで済ませているのではなく、 新しい音源を購入していない状況。
キング クリムゾンのBOXなんかは買っているのだが・・・
ぼちぼち再開しようかな。 ブログの更新も、音源の購入も。

閑話休題/NO TIME TO LISTEN!!

2013年09月03日
全く更新できてません。 ライブに行けません。 CD買ったけど聴いてません。 UNDER CONSTRUCTION!!

THE MUSIC/ THE FAREWELL JAPAN TOUR SETLIST

2011年07月28日
THE MUSIC / THE FAREWELL JAPAN TOUR
@SHIBUYA-AX ,TOKYO 2011/07/27
■セットリスト■
01.THE DANCE
02.TAKE THE LONG ROAD AND WALK IT
03.THE TRUTH IS NO WORDS
04.FREEDOM FIGHTERS
05.FIRE
06.HUMAN
07.THE SPIKE
08.WELCOME TO THE NORTH
09.DRUGS
10.TOO HIGH
11.STRENGTH IN NUMBERS
12.GETAWAY
13.THE PEOPLE
14.BLEED FROM WITHIN
~ENCORE~
THE WALLS GET SMALLER

最高のライブ!
ロブの声が出てた。DRUGSのサビを低音で歌ったのは萎えたが・・・
なんで解散するんだよ~という思いと、
やっぱここまでか~という思いと。
2002年のフジロック/レッド・マーキーでの強烈な出会いを経て、
その後フジ、サマソニ、単独ライブと来日の都度彼らを見てきた。
あれから10年か~
次のフジロックがラストかと思うと複雑な気持ち。
フジはDRUGSを高音でキメて欲しい。

BEN FOLDS/NICK HORNBY /LONELY AVENUE

2011年07月16日
ロンリー・アヴェニューロンリー・アヴェニュー
ベン・フォールズ/ニック・ホーンビィ

ワーナーミュージック・ジャパン 2010-10-13
売り上げランキング : 9682

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
USA

1. A Working Day
2. Picture Window
3. Levi Johnston's Blues
4. Doc Pomus
5. Your Dogs
6. Practical Amanda
7. Claire's Ninth
8. Password
9. From Above
10. Saskia Hamilton
11. Belinda
12. Picture Window(pop version)*
*日本盤ボーナストラック

<評価>
★★★★

<この1曲>
2. Picture Window

<もう1曲>
4. Doc Pomus

<評>
『ハイ・フィデリティ』など音楽ネタを特異とする英国人作家
ニック・ホーンビィと共作したアルバム。ニックは作詞を手がけている。
一聴するとここ最近のソロ作と同様、地味な印象を受ける。
BFFのファースト・アルバム、ソロ・ファースト・アルバムのような
躍動感溢れる作品ではない。しかし、聴けば聴くほどじわりと遅れて
おいしさが来る、味わい深い作品だ。
ガツンと勢いのみで聴かせるのアルバムではないが、
ゆっくりと聴き込んでほしいというベンの思いが伝わってくる佳作。

BEN FOLDS/LONELY AVENUE TOUR SET LIST 2011/05/29

2011年05月30日
benfolds080.jpgUSA
震災直後に温かいメッセージを送ってくれたBEN FOLDSの
日本公演初日に行ってきた。
みっちりと30曲!BESTな選曲で熱い演奏を聴かせてくれた。
ベンとファンとで最高の時間を共有できて、ホント楽しかった。
最高でした!!
BEN、本当にありがとう。

セットリストを下記に記す。

■SET LIST
BEN FOLDS/LONELY AVENUE TOUR
@HITOMI-KINEN(人見記念講堂) in Japan

1. Levi Johnston's Blues
2. Doc Pomus
3. Gone
4. Belinda
5. Sleazy(Ke$ha)
6. Sentimental Guy
7. You To Thank
8. Effington
9. Hiroshima(in Japanese)
10. Not The Same
11. Still Fighting
12. Adelaide
13. Bastard
14. 14.Saskia Hamilton
15. You Don't Know Me
16. DRUM TRIO → DRUM DUO
17. Annie Waits
---Ben's Solo---
18. Picture Window
19. The Last Polka
20. Brick
21. Gracie
22. Boxing
23. Song for the Dumped(in Japanese)
"金返せ"
---Band Play---
24. Underground
25. Zak and Sara
26. Kate
27. Rockin’ The Suburbs
28. Army
---Encore---
29. The Luckiest(Solo)
30. Philosophy

UK/REUNION JAPAN TOUR2011 04/16 SET LIST

2011年05月02日
uk0416UK
■SET LIST
UK REUNION JAPAN TOUR 2011/APRIL/16 @CLUB CITTA,KAWASAKI
01. In The Dead Of Night
02. By The Light Of Day
03. Presto Vivace
04. Danger Money
05. 30 Years
06. Alaska
07. Time To Kill
08. Starless
09. Carrying No Cross
10. Drum Solo
11. Violin Solo
12. Book Of Saturday
13. Nevermore
14. One More Red Nightmare
15. Caesar's Palace Blues
16. Sahara Of Snow Part2
[ENCORE]
17. Nothing To Lose
18. The Only thing She Needs
19. Rendezvous 6:02

UK2日目に参戦。
土曜日公演ということでチケット入手は困難を極め、
チッタ先行惨敗→パワーロック・トゥデイ先行惨敗
→一般発売にかろうじて立ち見席をゲット。
当日入場しようとしたら、立ち見席で整理券の若い番号は最後列の
座席に振り替えとのこと。PA卓の前で音のバランスが最高だった。
さて、公演の内容はというと、基本的には前日と同じセットリスト。
アンコールでNIGHT AFTER NIGHTの代わりにNOTHING TO LOSEのサプライズに歓喜!
4/15との相違点を記すと・・・
Danger Moneyのコーラス部分、声の調子が良かったのか3フレーズ目も高音で入ってしまい、
流石に声がでなくて4コーラス目でキーダウン。
前日はStarlessの入りでミスったアレックス、入りは問題なかったものの、
最終フレーズでまさかのミス!テクニシャンのアレックスがミスるってことは、
あのテーマフレーズって難しいのか?そういやGREAT DECEIVERでもフリップもミスってたし。
マルコのドラムソロは、童謡モチーフはなく、観客との掛け合いを導入。エンターテイナーだ。
ハイライトはやはりNothing To Lose。エディのバイオリンソロが冴える。
プログレ重鎮の底地からを見せつけられた、濃密な2時間。

amadana(アマダナ)

UK/REUNION JAPAN TOUR2011 04/15 SET LIST

2011年05月01日
uk0415UK
■SET LIST
UK REUNION JAPAN TOUR 2011/APRIL/15 @CLUB CITTA,KAWASAKI
01. In The Dead Of Night
02. By The Light Of Day
03. Presto Vivace
04. Danger Money
05. 30 Years
06. Alaska
07. Time To Kill
08. Starless
09. Carrying No Cross
10. Drum Solo
11. Violin Solo
12. Book Of Saturday
13. Nevermore
14. One More Red Nightmare
15. Caesar's Palace Blues
16. Sahara Of Snow Part2
[ENCORE]
17. Night After Night
18. The Only thing She Needs
19. Rendezvous 6:02

UKの来日が遂に実現。
震災の影響で延期・中止も覚悟していたが、来日してくれたバンドに感謝。
2週間経った今でも、緊張感あるステージの余韻が残っている。
ステージを通してUKのナンバーをほぼ網羅し、King Crimsonの曲を披露した彼ら。
ライブのハイライトを以下に記す。
IN THE DEAD OF NIGHTのベースリフのSEでメンバー登場。
ジョンの声、絶好調だ!マルコがスティックを回しながらシンバルワークを
こなすのが粋だ。
Presto Vivaceの早弾きはひと回しのみなのが少々残念。
Danger Moneyのコーラス3回目以降はキーを下げて歌うジョン。やや違和感が残る。
Starlessの入りでアレックス、痛恨のミス。ライブならではのハプニングだ。
マルコのドラムソロは超絶変態ぶりを発揮。童謡”ふるさと”を
モチーフにしたスローなパートもこの日は披露。
One More Red Nightmareのベース・パートは、ジョンなのかエディなのか、
はたまた二人のユニゾンなのか?分厚い低音が楽曲に凄味を加えている。
続くCaesar's Palace Bluesが最大のクライマックスか?感涙。
アンコール・ラストのRendezvous 6:02はエディのピアノとジョンのボーカルのみ
のアレンジ。
全く隙のないステージングでプログレ・バンド”UK”の凄味を見せつけられた2時間。
Bose MIE2 mobile headset

BEN FOLDS/MESSAGE

2011年03月21日
ありがとう、ベン。
Personal Message from Ben about Japan:
To my Japanese fans and friends:
Japan has always been a very special place for me, my various bandmates
and crew. Its damn heartbreaking to see anything at all happen to people
you care about. I felt ill to see the news on Friday and all the images
following. I’ve checked on my close friends in Japan and thankfully
they’re all safe.

My Japanese fan base is not a massive arena full of faceless people,
its the number of people I can see and count from stage,
and many who I’ve met. Some have been along with us for 15 years!
I hope you all have come out of all of this safe and sound,
along with your friends and families.

I want to invite fans in Japan who have access to internet
to post notes, stories, pictures, information as you see fit
on this page which has been made for our small community of fans
in Japan. I’ll read and look at every one of them and try to respond
to as much as I can. It seems naturally what a family or community does.
If there is anything that any of you are trying to send to specific people,
and I can help, I will try.

Of course we’re all donating and there is a short list on this page
just in case anyone has had trouble choosing a charity. Personal notes
from you all might inform on how we can help from far away,
even if its just donating, lending an ear or sympathizing.

I’ve never known any more determined people than the ones I’ve met
in Japan so I’m sure you’ll dig out but… damn it sure sucks.

Not the praying type, but I’ll make an exception Japan.
Love,
Ben Folds

http://fuckyeahbenfolds.tumblr.com/page/3

KEITH EMERSON/メッセージ「日出ずる国へ」

2011年03月21日
キース、ありがとう。
「日出ずる国へ」

ULTIMATE ZERO PRJECT/ULTIMATE ZERO TOUR-LIVE(LIVE)

2011年02月13日
アルティメット・ゼロ・ツアー-ライヴ(Ultimate Zero Tour-Live)アルティメット・ゼロ・ツアー-ライヴ(Ultimate Zero Tour-Live)
エディ・ジョブソン(エディ・ジョブソンズ U-Z プロジェクト)

キングレコード 2010-11-26
売り上げランキング : 3679

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
UK

[DISK-U]
1. Alaska
2. Presto Vivace
3. In The Dead Of Night
4. Starless 
5. Zero 1 [Ric]
6. Book of Saturday
7. Zero 2 [Marco]
8. One More Red Nightmare
9. Caesar's Palace Blues 
10. Sahara of Snow Pt.II
[DISK-Z]
1. Zero 3 [Tony]
2. Red
3. Zero 4 [Trey]
4. Awakening
5. Zero 5 [Eddie] - Ice Festival -Theme of Secrets -Prelude
6. Carrying No Cross
7. The Only Thing She Needs
8. Nevermore (Ending)
(2010年発表)

<評価>
★★★★★

<この1曲>
8. One More Red Nightmare

<評>
エディー・ジョブソンのUK復活プロジェクトである”ULTIMATE ZERO”の
ライブ盤。U-Z PROJECT自体が、プログレ系ミュージシャンが、
プログレ曲を演奏するバンドと定義され、ある意味懐古趣味丸出しの
プロジェクトであるが、本家本元のジョン・ウェットンが参加している
となれば話は別。正真正銘のUKである。
本作の聴き所は、やはりウェットンのヴォーカル曲である。
プログレ・トリビュートということで、キング・クリムゾンのナンバーも
収録されており、クリムゾンとしては演奏されたことのない
『8. One More Red Nightmare』を聴けるとは!
勿論、芸達者のメンツゆえ、インスト曲も捨てがたい。
”ZERO”と名付けられた各メンバーのソロも素晴らしい。
アマゾンのレビューには音が悪いとの意見も散見されるが、
このメンツの音が聞けるなら、気にならないレベル。
ここ数年のプログレ新譜で突出した好盤。全プログレファン必聴!
Bose AE2 audio headphones
 | HOME | Next »